貧困ビジネスの実態、行うべき自己防衛策とは? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

貧困ビジネスの実態、行うべき自己防衛策とは?

0-300x200.jpg 



貧困ビジネスと呼ばれるビジネスとは、 ホームレスや派遣・請負労働者など社会的弱者を顧客として稼ぐビジネス。 寮のような劣悪な住まいに突っ込み、唯一の収入である生活保護費を搾取するのです。

元々NPO法人(特定非営利活動法人) の事務局長が提唱した言葉のようです。 弱者の味方を装いながら、実は彼らを食 い物にする悪徳ビジネスです。

代表的な貧困ビジネス にネットカフェ、住み込み派遣、ゼロゼロ 物件、無料低額宿泊所、消費者金融、ヤミ 金融・・・などが現在もあちこちに存在するのです。

私たちのように、普段そのような現場を知 らない人たちの為に、貧困ビジネスツアーなるものを開催するNPO法人などもある。

そのツアーの参加レポートによれば、宿泊 所の実態はかなり劣悪なもののようです。 一見すると普通のアパートに見えるようで 周囲もごく普通の一戸建てや工場が並び、 劣悪な環境という印象は受けないようです。

でも、部屋と部屋はベニヤ板のようなもの で仕切っているだけ、またほとんどの部屋にカーテンがかけられておらず、干した衣 類は丸見えだったそうです。

実は不動産業者の中には、
生活保護受給者をターゲットにした賃貸物件を紹介する業者も存在しており、こちらも広義の「貧困ビジネス」といえるでしょう。

そのような物件には「福祉可」という表記があるのでスグ分かります。ほとんどが築何十年という木造の老朽化した物件です。

社会的弱者の生活保護者は、他に入れる物件がないので結果的に老朽化した木造アパートに高齢の生活保護受給者が集まってしまうようです。

しかも、「福祉可」物件の多くは、元々4万~4万5千円で貸していたものを、生活保護の住宅扶助費の上限の、5万3700円までつり上げているところが多いのです。

生活保護費も無駄遣いされています。入居者が自分で契約して入っているので、自己責任と言われますが、社会の構造として劣悪な物件にしか入居できないことになっているのです。


生活保護者を食い物にするこんな手口


ある貧困ビジネス業者が管理する宿泊所に入居していた60代の男性の場合、 支給される生活保護費約12万円の内、約11 万円を施設に支払っていたそうです。

施設ではそのお金の中で、保護費支給日に 1万円、その後は2日に1回千円が支給されるというのです。

いわゆる残りの8割以上のお金はピンハネ されていたわけですね。 彼らは生活保護費はもらえても、自力で 賃貸物件を借りる事が出来ない。

仕事も見 つけられない。 そこを突いてくるのが貧困ビジネスです。 施設の環境は、多くがプレハブを改造した3畳程度のスペースに生活させられる。

夏は暑く冬は寒い。風呂は週に3回、決められた時間のみ許されていたという。 住環境などの待遇から言えば、刑務所より 厳しいかもしれません。

でも、日本中でこのような生活保護者が、 貧困ビジネスの餌食にあって、お金をむしり取られている現実がある事を知るべきです。

私たちも明日は我が身、貧困ビジネスのタ ーゲットにならない為には、将来の安定的収入の確保が必須条件となります。  



安定した継続収入を確保するビジネス方法とは?  




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png