フリーランスは身体が資本、健康診断を受けるアレコレ! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

フリーランスは身体が資本、健康診断を受けるアレコレ!

016562.jpg 



あなたは会社員ですか? もし、フリーランスのお仕事をされているのなら、毎年自己負担ゼロで受けられた健康診断などは会社に属していないフリーランスには存在しません。

「どこで健診を受ければいいのかわからない」「お金っていくらかかる?」といった疑問を気にしながら、毎日の忙しさから受診を後回しにしているという方も多いのではないでしょうか? 

中には「自営業になってから、1度も健康診断を受けていない」という方も少なくはないと思います。毎日が収入を稼ぐ為の機会なのですから、それを失うのは怖いのです。

気持ちはわかりますが、フリーランスの場合は身体が資本です。有給休暇も失業保険もありません。会社員以上に体調管理をしっかりやらなくては生活できなくなってしまう可能性もあるのですね。

フリーランスも、年1回の受診がオススメ。

そこで、フリーランスでも大丈夫な受診方法、どれくらいお金がかかるのか、健診でかかった費用は経費として計上できるのか?、無料で受けられる秘策などお金に関する提案もさせてもらいます。ぜひご一読ください。



フリーランスが誰でも健康診断を受診出来る方法


まずは、最も手軽に安価で受けられるのが、市区町村で行う健康診断です。多くの市区町村で、国民健康保険加入者をはじめとした「健診を受ける機会のない人」向けに健康診断を行っています。

各自治体によって条件は違うのですが、無料で受けられる自治体も数多くあります。

お金がかかったとしても、基本的には1000円以下と安価なので、気軽に受診できるのではないでしょうか。

ちなみに診査内容は、身体測定・腹囲測定・血圧測定・血液検査・尿検査・問診・心電図検査など。会社で
受ける健康診断と変わらない診査を受けることが出来ます。

お申込み方法は電話やインターネットで受け付けている自治体がほとんど。ぜひ一度、お住まいの自治体のサイトをチェックされると良いと思います。

さらに40歳以降からは「特定健診」74歳まで受信できます。これは生活習慣病の予防を目的として国が定めている健診制度です。国民健康保険に加入している40歳~74歳なら誰でも受診できます。

自己負担額は無料という自治体がほとんどですが、中には住民税課税世帯には有料などと条件を設けているところもありますので、詳しくはお住まいの自治体に問い合わせてみると良いですよ。

診査内容は、身体測定・腹囲測定・血圧測定・血液検査・尿検査・問診・心電図検査・眼底検査・貧血検査
などです。

それ以外の方法としては、会社を退職した後も何らかの保険組合に入っている方の場合、保険組合指定の健康診断を受診することができます。

会社の健康診断と同じような基本健診の場合、費用は1500円~3000円程度。自治体が行っている健診よりも少し割高ですが、自分が加入している保険組合に連絡するだけなので一番お手軽な方法かもしれません。

また、30歳未満の方や、30代の健診を実施していない自治体にお住まいの方近くの病院での健康診断を有料で健診を行っています。医療機関によって異なりますが、自己負担額は数千円~1万円程度です。

また、これは裏技ですが、治験ボランティアに申し込むと、いろいろな試験に対応するかどうか、医療機関
での採血があります。

そのデータはもらえますから、それらの数値だけでも現状の健康状態を大まかには把握
出来ます。

肝機能数値などは、異常値になっていても痛みを感じないことが多いので、採血しておくと安心でしょう。



健診データだけじゃ不安? 精密検査を受けたい?


「正直、血液検査や問診くらいでは不安」という方は、人間ドックを受けるという方法もあります。費用は5万円~10万円とかさみますが、中には半日で終わるお手軽なコースを用意している医療機関もあります。

健康に少し不安がある方は受診することをオススメします。また自治体により、ガン検診を実施しているところもあるのです。

40歳以上の方(過去数カ月で手術をしていない方といった条件あり)であれば胃がんや肺がん、大腸がん、前立腺がんといった罹患率が高いガンの検診を無料で受けられる自治体が多いのです。

また子宮がんや乳がんといった女性特有のガンは、特定の年齢において無料で受けられるという自治体がほとんど。さらに歯周病検査、肝炎といったガン以外の疾患についても検査を受けられる自治体もあります。

ただ、ひとつ残念なのは、健診にかかった費用は、経費で計上できないのです。個人事業主の場合、健康診断費用ならびに人間ドック費用は、経費として計上できないそうです。

また予防医療については、所得税の医療費控除の対象にもならないため、費用は個人で負担すべきものと考えられています。

一方、どんなに小規模であっても法人化すれば、全社員の健康診断費用や人間ドック費用は、福利厚生費として扱うことができ、経費として計上できるようです。

長期的に考えると、医療の面では法人化したほうが得なのかもしれませんね。


在宅で自由に仕事が出来れば、検診はいつでもOK!
 




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png