子どもの貧困は親の自活不足!在宅で自活は可能?! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

子どもの貧困は親の自活不足!在宅で自活は可能?!

kodomo1.jpg 



子ども
貧困が増えているようですね。 考えてみると、昭和時代の高度成長期に育った私たち50代は、学校でもほとんどは、中流以下の暮らしが多く貧しかったようです。

洋服を何日も変えずに登校するのは普通だったし、古いお兄さんの古着を着ているのは当たり前だった。

穴が開くと、アップリケというパッチワークのような手法で、別の布で縫い合わせる方法で洋服を着ていたものです。  現在そんな格好で登校する児童はいじめの対象かもしれませんね。


ところで、あなたは「相対的貧困率」という言葉をご存知でしょうか? 聞いた事のない言葉かもしれません。こ れは全世帯平均収入の50%以下の年収世帯の割合なのだそうです。

日本の場合は、月収10万円前後で生計 を立てている世帯なのだそうです。 あなたは月10万円で家族を養うことが出 来ますか?  



日本はかなり相対的貧困率の高い国です!


実は、この相対的貧困率の順位ですが、 日本は大変高い国なのです。つまり貧困だということです。

多くの先進国や発展途上国の中で日本は世界第五位の国なのです。あなたはピンと来ないでしょうか。

世界の中で五番目に貧困な国なのですね。 これって結構なインパクトですよね? 母子世帯だけで考えると、日本の相対的貧困率は、あろうことか何と一位なのだ そうですよ。

日本の母子世帯は、世界中の母子世帯の 中で一番貧困なのだそうです。 ただし、日本では法律上は最低限の生活 が国で保障されています。

生活保護を受ければ、生きることくらい十分に出来るのですね。 ニュースなどでは貧困の為の無理心中や、 飢え死などの悲惨な事件も起きています。

でも、まだ外国の貧困状態ほどには、日本の貧困は比較になりません。 幼い子達が、ストリートチルドレンとして、 道路に落ちている物を日頃から拾い食い していたり、土管の中で生活していたりするからです。

私たちも最後は自己防衛、国がカバーする範囲には限界があります。 子どもの貧困は、親の自活出来ず安定継続する収入を得られないことから起き ているのです。

自分で収入を獲得できる仕組みを、安定して持つ事が在宅で出来るとしたら、あなたはどうしますか?  


在宅で自活出来る仕組みを、今だけ大公開!  




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png