ネットビジネスにパソコンは不可欠!あなたのPC選びは間違っている?! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットビジネスにパソコンは不可欠!あなたのPC選びは間違っている?!

pc.jpg 
あなたのパソコンは、いつ購入されたパソコンでしょうか?まだまだ新しいモデルでしょうか?それとももうひと昔前のシリーズで、性能が悪くイライラするほど操作性が悪くなっているでしょうか?

もし、あなたがパソコンを使ったビジネスを、今後考えられているのなら、性能は良いパソコンを持ちたいものですが、最新型はやはり高価ですよね。

ネットビジネスはパソコンなしでは出来ません。消耗品だからといって、毎回毎回新品で購入すると、けっこうな出費です。中には新しいパソコンの購入がネックで、ネットビジネスをあきらめる人がいるようですが、実にもったいないです。

所詮パソコンは、ビジネスのツールなのですから、性能を重視で選んでも中古パソコンであれば2~3万円で購入出来ます。それで、私なんて5~8年は使い倒しますからね。

完全に元を取っていますよ。 

では、どこに注意して購入すれば、操作性もよく満足のいく製品を安く買えるのかまとめてみました。



中古パソコンの選び方はココがポイント!


まずは、スペックを見てください。スペックというのは性能とか仕様という意味です。いわゆるそのパソコンの能力を示すものですね。

中古パソコンに限った話ではないのですが、パソコンを新しく購入する場合、必ず確認しておきたい項目というのがあります。用途によってスペックは違ってくるのですが、最低限抑えておきたい項目になります。

それからOSです。購入時に一番着目すべき点はOSと言う方もいらっしゃるでしょう。OSのサポート期間が切れているので、もうXPは選択肢から外してください。

Vistaの場合、遅いというのがあるので個人的には対象外です。やはりOSはWindows7 またはWindows8が無難です。

Windows7には、Proとか Home Premiumがありますが、特別な理由がない限りどちらも同じ様なものです。

さらには、32bitと64bitがあるのですが、メモリーを4GB以上使用できる64bitの方が、どちらかというとお勧め。

32bitだと、3.5GB~4GBがメモリ搭載の上限で8GBとかにすることはできません。

Windows7 64bitか、Windows8が一番いいと思います。ただ、ビジネスではなくウェブ閲覧やメールなどで、それほど速くなくていい、増設予定はないいう場合や低予算重視ならば Windows7 32bitでも問題はないです。


そして、メモリーはチェック必須ポイントです。パソコンにとって、メモリーは脳みその容量と思ってください。

もともと付いているメモリーが何GBかというのも大事なのですが、増設余地があるのかどうかも結構ポイントです。

例えば、現在2GBでも4GBにできるのかどうか、現在4GBなら8GBにできるのかどうかなど。また増設する場合、どういうメモリーを使うかというのもチェックします。

店頭でのメモリー容量が少なくても、後から自分で増設できれば問題ないということです。メモリーも種類が細かくあるので、お店や販売者によく聞いておいてくださいね。

パソコンにとって、メモリが少ないと、多くの情報が処理できないので、性能の高いパソコンでもメモリが少ないと、その性能が発揮できないのです。

車でいうと、ポルシェに軽自動車のエンジンを積んで走るようなもので、ポルシェの性能を発揮出来ません。ですからパソコンの場合は、搭載メモリーと増設余地を確認するというのが大事なのです。

Windows7、Windows8では、4GB以上のメモリー搭載が理想的ですので、それを探してください。メーカーにもよりますが、中古ですと、2~3万円でこのクラスのパソコンならば、見つかります。

これが新品になると、同じ性能で7~8万円は下りませんので、かなりのコストダウンですよ。

ただ低予算重視と言うことでしたら、とりあえず2GBでも良いかと思います。価格も1~2万円で見るかるかもしれません。


さらには、ハードディスク(HDD)も、重要なポイントです。これはパソコンの心臓部です。このハードディスクには IDEとSATA(シリアルATA)の規格があるのですが、SATAの方が良いです。

最近のパソコンは、もうほとんどSATAなのであまり気にする必要はありません。ただ、古いパソコンや初期のVistaあたりくらいまではIDEがあります。

SATAのほうが、全体的な速度が速い、交換やメンテナンスがしやすいということもあります。あと、ハードディスクの容量はあまり関係ないです。

250GBだろうと500GBだろうとあまり大勢に影響はないと思います。ハードディスクではなくて SSDが使われているパソコンもあります。ハードディスクより容量は少ない傾向がありますが、動作速度は速いです。


さらに、処理能力として、大事なのはCPUが大事です。CPUは Pentium Dual CoreやCore 2 Duoが最低条件です。

搭載機種は少ないですが Core 2 QuadもマルチコアCPUでおススメです。

Core iシリーズは比較的新しい世代のCPUで、デュアルコア以上です。性能は Core i3<Core i5<Core i7の順。


CeleronやPentiumという場合、昔の古いパソコンに搭載されていることがありますが、最近の比較的新しいパソコンでもあります。Core iシリーズの廉価版のCPUです。出来ればCeleronなどは避けたいですね。


では、まとめておきますね。

最低限これぐらいはおさえておきたいというのは、下記の項目をチェックしておけば大乗です。

OS・・・Windows7 以上
メモリー・・・2GB以上(増設する場合、増設出来るかどうかチェック)
ハードディスク・・・SATA規格  160GB以上
CPU・・・2コア以上

これぐらいのスペックですとパソコンそのものは普通に使えますし、HDDをSSDにして高速したりすることもできます。

中古パソコンならば、ネット通販やヤフオクでも2~3万円から見つけることが出来ます。



Windows7のパソコンは、お買い得マシンが多い!


Windows7の中古パソコンはわりとお買い得なものが多いです。それはなぜかと言うと、デュアルコアのCPUやメモリー2GB以上など、実用レベルに耐えうるWindows7のパソコンは実際のところかなり多いのです。

ところが、XPが2014年4月でサポート期限を迎えたので、ハードウェアとしては問題なくてもインストールされているOS(XP)に問題があるため、それなりのスペックのあるパソコンが無駄になってしまうということもあるのです。

そこで Microsoftは、中古PCむけに Windows7のライセンスを特別に安く提供し、今までXPで使っていたパソコンにWindows7をインストールして使えるようにしています。

この中古PCむけの Windows7を MRRライセンス、また歴史が少し古いものは MARライセンスといいます。

このライセンスは、中古パソコンを販売する会社のみが購入し、パソコンにインストールして販売することができるようになっています。

通常にプロダクトキーが付与されていて、見た目も内容も自作パソコンなどで使われる Windows7と同じです。個人でこのライセンス・インストールディスクを購入することはできません。

中古パソコン販売店の多くが、再生可能なXP機に MRRライセンスのWindows7をインストールして販売しています。

特徴としては 自作パソコンなどと類似していて OSとドライバのみがインストールされていて メーカー付属のソフトが付いていないことが上げられます。

こうしたMRRライセンスのWindows7がインストールされているパソコンは、ライセンスそのものが比較的安価なので、パソコンも実用的で価格が安いという傾向があります。


中古パソコンを買う時は、そのパソコンが元々 Windows7で市販され使われていたパソコンなのか?それとも 以前はXPやVistaで あとでMRRライセンスがインストールされたのかを知っておくと良いでしょう。

スペック表のOSの項目に MRR、MAR、再生PC版とか記載されていることもあります。

こうしたMRRライセンスやMARライセンスが Windows7の中古パソコンをお買い得にしている理由です。



これはよくあることなのですが、欠品や一部故障などの中古パソコンも当然あります。機械ですから当たりはずれもあるのですが、たとえば光学ドライブが壊れている、バッテリーのもちが悪いなど。

こういうのは基本的に注意書きなどで補足されていることがほとんどです。購入時は、どこか不良箇所がないのかどうかは確認しておいたほうが良いです。

ただし こうした不良箇所がパソコン本体の価格を押し下げてお買い得になっていることもあります。仕事などでOfficeを使用する場合は、Officeがインストールされているパソコンかどうかをチェックしておいたほうが良いでしょう。

よくOffice互換ソフトインストール済みとありますが、これは無料のOpen OfficeやKingsoft Officeなどが入っています。

一応互換性はあるので マイクロソフトのOfficeで作成した文書などを開くことはできますが、万全では
ありません。

ですから、頻繁にOfficeを使う場合、ビジネスで使う場合は Microsoft Officeのインストールされているパソコンを選ぶか 別途パッケージ版のオフィスを用意するのが無難です。


パソコンで、不労所得が得られるビジネスが出来る!
※【期間限定】クリックできない場合は、終了です。


関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png