電話口の「もしもし」ってまだ必要ですか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

電話口の「もしもし」ってまだ必要ですか?

 ja1640_0324.jpg 


あなたは、電話をかけた時に相手に「もしもし」って言いますか? 


私は上は70代から下は20代の方までとともにビジネスを展開していますので、特に感じる事です。


見ていると、比較的若い人の方が電話をかけても「もしもし」とは、言っていない気がします。


もう平成生まれの人が、社会に出ている時代ですから。


では、「もしもし」ってどうして生まれたのかと言うと、もしもしは、「申し(もうし)」を連ねて短縮された言葉。


電話で話し始める前に「これから話をします」という意味で、「申します、申します」あるいは「申す、申す」と言っていたのが、「もしもし」に変化していったそうです。


なんで、これから話しますよーなんて言っていたのかと言うと、以前はまだ通信の精度が悪かったからなのです。


なので、何か要件を伝える前に事前に合図のようなものが必要だったのでしょう。



電話回線も品質が格段に向上!


日本で初めて電話交換業務が行われたのは、1890年(明治23年)12月16日の東京・横浜間だったそうです。


このときに電話を持てたのは、高級官僚や実業家などだったそうですよ。


電話の呼びかけに「もしもし」が使われるようになったのは、電話交換手が中継ぎをしていたそうです。


その為、繋ぐ相手に失礼とならないよう「申し上げます」と言っていたなごりからと言われています。


ですから、いまだに使っているのは単に以前から皆がそう言っていたからにすぎないのです。


一方、平成生まれの若い人は生まれた時にはすでに携帯電話が存在し、通話も瞬時に全世界につながっていたのです。


「もしもし」なんて、もはや死語になるのではないでしょうか。 私は昭和生まれですが、最近は使っていません。



時代が変われど、稼げるビジネス方法は永久に不滅です!






 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png