ワーキングマザーが多い地域、少ない地域には理由がある! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ワーキングマザーが多い地域、少ない地域には理由がある!

a0027_002809.jpg  


あなたは働く主婦をどう思いますか?家庭 での主婦業と社会での仕事を両立するワーキングマザーは大変です。


当然何らかの理由で、シングルマザーで子育てする母親はワーキングマザーです。


それ以外でも、共働きで働く主婦など一杯いるようですね。


女性の社会進出も進み、多くの女性が社会で活躍しています。共働きの夫婦は以前より増えています。

これは会社の構造自体が、以前とは違うのですね。

終身雇用から、採算独立系への変化。いうならば自営業のような実力主義、成果主義に変わったと言えます。


なので、実力のある一部の社員だけが優遇されるように変わってきているので、あぶれた多くの人は減給です。


生活が苦しくなれば、妻も働くという構造も見え隠れしますね。


でも、主婦が子育てをしながら社会で活躍するのには苦労も多いと思います。


みなさん様々な工夫を取り入れて、両立をしているのではないでしょうか。




地域差があるワーキングマザー


株式会社北海道アルバイト情報社、株式会社廣済堂、株式会社アルバイトタイムス、株式会社雇用促進事業会の4社が調査。


「F47求人サイト合同委員会」を結成して統計データを研究した結果、働きながら子育てを行うワーキングマザーが多い地域にある特徴があることが判明したそうです。


実は、ワーキングマザーが多いのは都心部ではなかったんです。


調査によれば、ワーキングマザーは日本海側に集中していると判明したそうです!


F47求人サイト合同委員会が、総務省「平成24年就業構造基本調査」を基に25~44歳の育児中の女性の有業率を都道府県別に算出した結果。


第1位は島根県。以下、山形県、福井県、鳥取県、富山県と続きました。


都心部がランクインしていないとは、意外な結果ですね。ちなみに最下位47位神奈川県。


さらに、ワースト5は兵庫県、埼玉県、大阪府、千葉県が並び、東京都も40位という結果。

都市部は、むしろワーキングマザーが少ない地域と判明したようです。


ここから、推察できる事はランキング上位の日本海側の地域では「3世代同居率」が高い。


3世代一緒に暮らしていると、おじいちゃんおばあちゃんが家事や育児のサポートをしてもらえることが多く、子どもがいても共働きがしやすい環境にあると考えらるのです。


一方、都市部は3世代同居率が低く、核家族化が進んでいるところが多いようです。


さらに、都市部は待機児童問題などもあり、働きながら子育てをするには不便な面もあるようです。



この在宅ビジネスならば、場所を選びません!



 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png