出版業界は崩壊寸前?!驚愕な裏側を大暴露! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

出版業界は崩壊寸前?!驚愕な裏側を大暴露!

ja1640_0324.jpg 
 


出版業界って本当に大丈夫なのだろうか?そう思うネタは起業仲間から最近よく聞くようになりました。


一部の大手はもちろん、新卒者や転職者に今も根強い人気がある出版業界。


これまでは紙媒体主体業務が、ウェブ媒体に変わってきて新しいことに取り組む出版会社もあります。


でも、まだまだ業界全体の体質は古いやり方に終始するところも少なくないようです。



たとえば、本人たちは真剣なのでしょうが、老舗出版会社で、社長が「崩壊寸前ですが打つ手はある!」と話した後に・・・。


その「打つ手」が韓流コンサートのチケット販売だと判明したらしい。完全にタイミング間違ってます・・・。


また、崩壊寸前の会社が本当に多いようで、当然経費削減も実施されているようです。


交通費削減としてタクシー利用を控えるのは、どこの会社でも行われていますが、仕事でも東京メトロは使ってもいいが、都営地下鉄を利用しないように命令が出たそうです。


東京の地下鉄には東京メトロと都営地下鉄があって、確かに都営地下鉄はやや料金が高い。


それでも、せいぜい20~30円の金額差です。都営線の駅しかないところは、どうするのかといえば、最も近い東京メトロの駅まで行きそこから歩くように指示されたそうですよ。


社員には交通費削減を徹底していても、意外と編集長はタクシー使い放題。

用もないのに深夜まで残業しているそうで、編集長が幅を利かす職場も多そうです。


削減策でも追いつかなければ、理不尽な人減らしや、障がい者を雇用して国から補助金をもらおうと姑息な策まで・・・。


もう、かなり末期症状のシニタイ会社体質。
編集部には、多くのアルバイト社員もいる。


もうなりふり構っていられないほど収益が落ちてるのでしょうか。


出版社は、誌面デザインを社外のデザイン事務所に依頼し、取材や編集を編集会社に任せることも多いのです。


そうした社外の取引先と癒着が生まれるということは結構あるようです。


ある出版会社の編集局長は複数の編集会社からバックマージンをもらっていたという。

バックマージンのもらえない会社は切られ、翌月は違う会社が担当することも。


また、入社の際に契約書に年俸なり月給の金額が書いてないということもあるそうです。


もう労働違反のオンパレードですね。


また、昇進や昇給も対象が仕事の能力ではなく、クライアントの子息や取引先関係。


なんらかの形で広告受注につながりそうな人だけが出世するような会社も多いそう。


そのような会社に自分の人生をかけて良いのでしょうか? 良いわけがないですよね。



会社がやばくなる前に、困らない在宅ビジネス方法!



 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png