冷や飯が健康に良いと言われる驚きの事実とは? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

冷や飯が健康に良いと言われる驚きの事実とは?

 
001_009105.jpg 


糖質カットもゆきすぎは危険!


あなたは糖質オフダイエットって聞いたことあるでしょうか。つまり、炭水化物(お米やパン、うどんなど)をカットして血糖値を急上昇させなければ、身体に脂肪がつかないとされる情報が広がっています。

このような糖質オフブームで、「白米をやめた方がいい」「パンよりもご飯の方がいい」「白米は食事の最後に食べればダイエットになる」など、いろんな説が出回るようになりましたね。

確かに食べる順番(野菜→タンパク質食品→炭水化物)を守れば、白米を食べても血糖値上昇の心配は少なくて済みます。実際にテレビなどで「
食べる順番健康法」は、ずいぶん浸透してきました。

では実際に、あなたは会社に通いながら、ランチで野菜、たんぱく質などそれぞれ気をつけて購入できていますか?経済的にも、たとえばラーメンやうどん、牛丼、カレーライス、デスクでコンビニおにぎりだけという単品のケースだってあると思います。

その一方、糖質を気にするあまり、女性を中心に炭水化物を全く食べない人までいるようです。 実は脳にとっては、糖質が必要な栄養素なので、糖質が欠乏するとひどくなると頭が働かなくなってしまいます。



炭水化物は冷やして食べると健康に良い?


冷めた状態で食べる白米には、「レジスタントスターチ」という成分が含まれているそうで、野菜などの食物繊維と似た働きをするため、血糖値の急上昇を控えられるということも近年の研究でわかっています。

レジスタントスターチは、炭水化物の「でんぷん質」が冷めた状態の時に現れる成分で、白米のほかに、冷めたパスタや冷麺、冷やしうどん、冷たいポテトサラダなどでも同様の現象が見られます。

このレジスタントスターチ、温かい状態だと存在せず、一度加熱されたものが冷めてくる時に発生する不思議な成分なのだそうです。

牛丼やとんかつ、カレーライスなども、アツアツのものをいただくより冷めた状態でいただく方が、太りにくいことがわかっています。おいしさよりも健康を考えるなら冷まして食べるのが良いのですね。

レジスタントスターチは、食物繊維のように、体内をそのまま通過します。老廃物を掃除ながら腸をキレイにし、排泄に向かうため、ダイエットにも適しているでしょう。

コンビニ飯をよく食べていらっしゃる方は、冷たいままの状態で食べるおにぎりやお寿司を選べば、血糖値上昇の心配が少なくて済みそうです。

さらに同じ炭水化物なのですが、小麦製品には「グルテン」というアレルギー症状を引き起こしかねない物質が入っているそうで注意した方が良いようです。

これは小腸の細胞を傷つけることがあるそうで、ほかの食品から摂った栄養分も体全体に回りにくくなるために諸外国では注意喚起が始まっています。

確かにパンや麺類といった小麦製品は、控えめぐらいにしておくのがちょうどいいかもしれません。

冷たいご飯が健康に良いとは意外ですが、まだまだ私たちの生活には知られていない事が一杯ありそうですね。 在宅で生涯困らない不労所得を得る方法もあまり知られていないようです。


かしこい人は、すでに始めている!在宅で不労所得を獲得する方法!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png