ホームレスって減ったの?社会が隠す大きな闇とは? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ホームレスって減ったの?社会が隠す大きな闇とは?

 
komatta_josei.jpg 


ホームレスは減ったのでしょうか?


東京都内を歩くと、まだまだ存在するホームレスですが、以前よりもその総数が減った? そういえばあまりホームレスに関するコラムやブログ記事が減った気がしますよね。

あなたはホームレスの存在をどう思いますか? 私は近い将来貧困でホームレスに追い込まれる人々が急増するという危機感を持っていますので、他人事のようには見ていません。

厚生労働省による調査によれば、2008年と比較して2012年には、ホームレスの数が全国で40%減少しているといいます。ピークであった10年ほど前に比べれば、その数は3分の1と統計上では減っています。

人々がホームレス問題に注目し、その対応がなされた結果として状況は改善しつつあるのでしょうか。事態は徐々に改善に向かい進んでいると片づけられるのでしょうか?


隠されているホームレス予備軍


でも、ホームレス問題がこのまま解決すると思っている人は、ホームレスと関わっている関係団体の中には一人もいないようです。

実際に駅を中心に夜回りや炊き出しなどの支援を行う人たちによれば、その中で出会ったうつ病、認知症、アルコール依存症、DV、知的障害、統合失調症などのホームレスに居場所がないというのが問題だと言います。

ホームレスとは、単に家がない状況の人をいうのではない。安心して生きていく場がない状況の人たちを示しているそうで、そのような人は潜在的に増えているとか。

みんなが平等であることを前提とする社会では、ちょっと変わった人間をホームレス状態に押しやる危険があるそうです。

ホームレスの平均年齢は59.3歳。60歳以上の高齢者が半数以上を占め、70歳以上でも全体の10%を超えるそうです。彼らは終(つい)のすみかとして路上を選ばざるを得なかった。

でも、路上にすら居場所をなくしたホームレスも現在では激増している。だから、私たちの目にはふれないだけなのではないでしょうか。

近年ではベンチには眠れないように仕切りが設置され、公園は夜間閉鎖されるようになってきています。


隔離するだけでは問題は解決しない


経済競争力の糧にならない人間は、ホームレスか精神科病院か刑務所に社会は押しやっているのではないでしょうか。家族だけに責任を押し付けていないかと自問自答することがあります。

このような状況は、ホームレスといった路上生活者だけではなくて、社会のあらゆる場所に自分の居場所を失ったホームレス状態の人は存在します。

路上生活者としてのホームレスは、確かに数としては減少したかもしれません。でも、本当に状況は改善されているのでしょうか?

社会から隔離し、追いやることで問題を隠しているだけではないでしょうか? 今後の社会は、コミュニケーションを大事にする社会ではないでしょうか。

つまり相手の立場を理解し尊重するコミュニケーション
が重要だと思います。 コミュニケーションの原則においてすべきことは、自分たちと違う人たちを否定することではなく、近づき受け入れること。

それは
ビジネスでも全く同じだと感じますね。



コミュニケーションビジネスで生活向上する方法を公開!


 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png