会社の食堂でノンアルコールビール飲んでただけでクビ?! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

会社の食堂でノンアルコールビール飲んでただけでクビ?!

 beer.jpg


ノンアルコールビールを会社で飲むのは不謹慎?


あなたはノンアルコールビールを飲んだことがありますか?昔も出ていたことがありますが、現在ははるかに風味も味もよくなって、ビール感覚で味わうことが出来るようになってきました。

確かにコンビニに行って、ノンアルコールビールなのに、成人かどうかのボタンが表示される。正直これってどうなのかな、そう思っています。

言い分としては、ノンアルコール飲料の対象が成人であり、
未成年の飲酒の入り口となる可能性が高く、未成年の飲酒を促す可能性があるので、そういったことを防ぐため、多くの販売店側が自主規制をしているそうです。

ノンアルコール飲料は、ビールだけではなく、ワイン風や梅酒風、焼酎風、またはウイスキー風、カクテル風までいろいろ揃っています。


そんな中で、ノンアルコール飲料にまつわる事件が起きているようです。というのは、会社の食堂でノンアルコールビール飲んでただけでクビになりそう・・・。

投稿サイトなどで話題になった事があります。

この投稿によれば、昼休みに会社の食堂でノンアルコールビールを飲んでいるのを職場の上司に問いただされ、叱責された。その日は帰宅させられ、欠勤扱いになったという。

投稿者は「コレ俺が悪いのか?かなり上にまで報告されててクビ確定っぽい」と書き込んでいたようです。この投稿主は酒を飲むのは問題だと思う。

でも、あくまで「ビールに似た味のジュース」を飲んだことに過ぎないのにクビはおかしいのでは?そう考えているということでした。

外国では仕事の合間のランチでも、ワインをたしなむことがある国も多いと聞きますが、日本ではノンアルコールでもダメなのでしょうか。また、実際にお酒を飲んでいたら、どうなのでしょうか。


昼に1杯飲んだのが理由の解雇は不当


会社の雇用形態がどうであれ、昼食中にノンアルコールビールを飲んだことのみをもって即解雇というのは解雇権の濫用となり、不当解雇になると思われます。

では、「ノンアル」ではなく、勤務時間中にアルコールを飲んだらどうだろう。おそらくこれが通常のビールであったとしても、昼食中の1回の飲酒のみを理由とする解雇も、懲戒処分としては行き過ぎだと思いますね。

実際問題として、その従業員にとって、解雇通告は「死刑判決」と同じ程度のショックがあると思います。

現在の労働法制において
雇い主の解雇権は厳しく制約されています。客観的合理的理由のない解雇は原則無効とされているのですね。

解雇は、従業員の将来の生活を脅かすいわば「死刑判決」のようなものですので、たとえ給与を払う立場の雇い主であったとしても、自由に解雇権を行使できるものではありません。

不当解雇は解雇そのものが無効となるだけではなく、不法行為として雇い主に損害賠償義務も発生させる事態となるのです。


今回のような突然のクビ勧告は論外ですが、雇い主側が「社内の秩序を乱すような行為」と判断するのであれば、まずは軽い懲戒処分である口頭または文書での戒告処分程度にとどめるべきです。

それでも繰り返すようであれば、その時点で初めてより重い処分
を検討すべきでしょう。

そのような『プロセス』を経ることなく、いきなり最も重い処分である懲戒解雇とすることは、客観的合理的理由のない解雇となり無効な不当解雇と判断されるのは必定です。



本物のビールを、いつ飲もうが自由なビジネス方法!




 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png