日本のポップカルチャーが、若い外国人観光客来日のきっかけ! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

日本のポップカルチャーが、若い外国人観光客来日のきっかけ!

 a0002_002838.jpg 


ご存知の通り、日本は今後少子高齢化で、外貨の獲得が急務という国となる。今後は日本はますます観光立国として多くの外国人観光客を招かなくてはいけない国情ですよね。

そのような状況の中で、現在円安などの影響で訪日観光客の数が増加傾向にあるようです。今後オリンピック自国開催も控えていて観光立国の準備を着々と準備するには絶好のタイミングです。

日本には、素晴らしい資源や文化、そして伝統がたくさん残されており、日本に生きる私たちでさえ知らないものがたくさん残されています。

政府観光局発表によると、2014年10月の訪日外客数は前年同月比37.0%増の127万2千人で、年間を通じた単月としての過去最高を記録したほどです。

なかでも、20代~30代という若い世代をターゲットに、2012年以降日本旅行を個人旅行でしたことがある20~39歳の男女で、1か国辺りのサンプル数は各国共通で208サンプル。

調査によれば、初めて日本旅行に来た人の割合が最も高いのが、中国(66%)、次いで韓国(61%)、台湾(58%)、タイ(54%)、アメリカ(49%)となったそうです。

その訪日のきっかけになった理由ですが、タイと中国は「テレビ番組を観て」という回答が最も多く、日本のアニメやマンガ、映画やゲームなどで知ったという来日動機はタイが圧倒的に多かったようだ。

彼ら外国人で実際に体験してよかったことは、日本食を食べたことや、温泉入浴が各国とも圧倒的に多い結果でした。日本食の中でも、特に人気だったのは寿司とラーメンのようでした。

タイ、アメリカ、韓国が寿司とラーメンをトップ2に挙げていたようです。中国はラーメンは5位と5か国中最下位にランク。むしろ中国人は麺類ではうどんが3位とうどんのほうがウケていたようです。



また、再訪については全体でも9割を超えるという高い結果になったようです。特に、タイと台湾は再訪の意志が強く「必ずまた日本旅行をしたい」という人がタイ(初来日者85%/二回目以上訪日者83.2%)、台湾(初来日者65%/二回目以上訪日者80.7%)と非常に多かったようです。

20代から30代という世代の人たちは、5年後、10年後に各国の経済を支える世代となります。9割近く再訪したいと回答しているのは観光立国を目指す日本としてはなんとも心強い結果となりました。

今後も、彼ら観光客に気持ちよく帰国してもらい、日本の良さを周囲に広めてもらい、多くの外国人にも再訪をしたいと思われる国でありたいものだ。それが本当の「オモテナシ」の国である日本の真骨頂です。



在宅で夢を叶える「おもてなし」ビジネスモデルはこちら!

関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png