アニメ人気は、劣悪な環境で働くアニメーターたちのおかげ?! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

アニメ人気は、劣悪な環境で働くアニメーターたちのおかげ?!

 ajax.jpg 

アニメーターの驚くべき劣悪な労働環境!


あなたはアニメを良く見ますか?今ではテレビや映画、果てはネット配信に至るまで、いろいろな作品がにぎわいを見せ、日本を代表するかのような輸出産業の最先端にあるアニメ業界。

ところが、その制作側の末端にいるアニメ制作スタッフたちは、驚くような労働環境で働いているのです。報酬としても作業内容に対してどう考えてもあり得ないほどの低収入なのです。

この原因は、アニメ業界の中抜きの横行で、利益が末端のスタッフまで落ちてこないのが原因だと言わ
れています。

日本アニメーター・演出協会「JAniCA」が、文化庁の委託により調査を行った「アニメ制作者 実態調査報告書 2015」によれば、調査は2014年8月から9月にかけて行われたもので、有効回答は759人。

調査概要については、NHKニュースが28日の時点で「アニメ若手制作者 平均年収は110万円余」と報じ、ネットでも大きな話題になっていました。

今回公開された報告書では、アニメ制作者の実態について、仕事の内容、就業形態、平均作業時間、年間収入など30項目近くにわたり調査されたようです。また原画、シナリオ、絵コンテ、動画といった就業属性別の集計結果も公表されています。

すでに話題になっているように、特に衝撃が大きかったのが年間収入。回答者全体でも平均332.8万円と、全国平均値(約414万円)に比べて、かなり低い水準にとどまりました。

さらに就業属性別で見ると、若手の多い「動画」では111.3万円、「第二原画」で112.7万円と、就業属性による収入格差が非常に大きいことが浮き彫りになりました。

また、1カ月あたりの作業時間も平均262.7時間と、これも全国平均(168.4時間)を大きく上回っているほか、さらに全体の15.9%が「350時間超」と回答していたことも分かりました。



あまりに悲惨な制作現場の声・・・。


彼らの生々しい言葉が、事の重大性を示しているようです。「物価が上がっているのに単価は上がらないまま、仕事の内容はどんどん重く(線の量、絵柄)なっている」

「普通のアニメーターは、本当に月1回くらいの休みでずっと働かないと収入が得られない現状」
「もっと人間らしい仕事がしたいです」「夜には家に帰って寝たい、ご飯もちゃんと食べたい」「週一くらいは休みが欲しい」などなど・・・。

ごく普通の彼らの要望が叶えられていない労働環境の激烈さは、この業界の闇を照らしているようです。また「このままでは将来や老後が不安でしかたがない」とか「常に辞める事が頭をチラついている」

このような状況では、将来は過労で死ぬか、ホームレスになった後でのたれ死ぬのではないかと思っている人もいるほどです。

制作
現場で働くアニメーターは、自由を得るためにも生涯にわたる権利収入を獲得出来るビジネスを行う必要がありそうです。


人生を変える人が必要なビジネスとは?




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png