コーヒーは本当に胃に悪いのか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

コーヒーは本当に胃に悪いのか?

 
a1180_006850.jpg 



健康に良くないイメージがあったコーヒー


あなたはコーヒーはお好きですか? 私は学生のころから好んで飲むようになり、今では毎日3杯レギュラーでコーヒーを淹れて楽しんでいます。

ただ、世間ではなんとなくコーヒー健康によくないというイメージを持つ人が多かったようで、タバコとの相性が良いせいか、スモーカーの友として愛用されてきたところがあるせいなのでしょうか。

そのせいかは知りませんが、かつては「発がんリスクを高める」ともいわれたコーヒーですが、研究の結果ではとても健康に良い飲料という証明がなされてきています。


イメージとして、「胃に悪い」「お肌に悪い」など、なにかと健康面でもネガティブなイメージがつきまとったコーヒーですが実は、まったく違う事が証明されつつあるようです。

アメリカ化学会(ACS)の春季会議では、「コーヒー豆には、胃酸の分泌を下げる作用がある」という研究結果が発表され、コーヒーの飲み過ぎが胃炎や胃潰瘍の原因になるのはとても可能性が低いそうです。

医学的には、現在これらの病気の原因は細菌感染が主流という見方のようです。カフェインには胃液の分泌を活発にする効果があるようです。健康な人が食後に飲むと、胃のはたらきが促進されて消化が進むそうです。



コーヒー次々と有用な成分が発見!


神戸大学の実験によると、コーヒーポリフェノールがメラニンの生成を抑えることが確認されたそうです。ポリフェノールには老化を促進させる活性酸素を除去する働きもあるので、お肌にはむしろ良い飲み物と言えますね。

お茶の水大学が調査した結果によると、0~60歳の女性131人を対象にコーヒーの摂取量と顔のシミ、肌の潤い、弾力性の関係を調査した結果、コーヒーを多く飲む女性のほうが確実にシミの発生が少ないことが判明したそうです。

コーヒーには、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類、豊富な抗酸化物質が含まれており肌の張りや老化防止に、カフェインが持つ利尿作用や新陳代謝の促進作用も、美肌づくりには欠かせない要素なのだそうです。

さらには、American Cancer Societyの調査では、口腔がんにかかるリスクが50%もカットできることがわかったそうです。口腔がんのほかにも、腸がんやアルツハイマー病にも効果があると言われているようです。

国立癌研究所の研究でも、前立腺癌で1日に1〜3杯のコーヒーを飲んでいた人は、癌が致命的な腫瘍になるリスクが30%低く、1日に6杯以上コーヒーを飲んでいた人は、60%もリスクが低かったそうです。

むしろ、ガンになりたくなければ、毎日3杯以上のコーヒーを飲んだ方が良いと言えますね。コーヒーには抗酸化作用があり、コーヒーに含まれるクロロゲンが分解されてできる酵素は癌予防や癌の増殖、転移さえも抑えてくれる効果があるとも言われています。


体によいといわれるコーヒーですが、もちろん薬のような効果は期待できません。健康づくりはまず栄養バランスのよい食事から心がける必要があります。あくまで嗜好飲料として適量を楽しみたいものですね。
んで


美肌づくりやガン予防にも効果あるコーヒーの香りをゆっくり楽しみながら、コーヒーを飲むひとときをじっくり楽しむ、そんな心の余裕を持った生活こそが私たちを健康にしてくれるのだと思います。

心のゆとり、これが一番の薬ではないでしょうか?


心のゆとりは、時間とお金の自由を得て、生活のためにあくせくしない生き方がとても大事だと思います。そのために私たちは時間とお金の自由を得ていける権利収入のある人生を選択するべきではないでしょうか。



権利収入をコツコツ増やしていける在宅ビジネス!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png