あなたはヘッドフォン難聴予備軍ではありませんか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

あなたはヘッドフォン難聴予備軍ではありませんか?

 
headphon.jpg 



ヘッドフォンは、もはやファッションの一部?


あなたは出掛ける時に、音楽をかけて歩いていませんか? 高性能な携帯音楽プレーヤーやスマホの普及によって、音楽はより手軽にハンディで持ち歩けるものになりましたよね。

最近は、街中でもイヤホンや大型のヘッドフォンをつけて歩いている若者が
珍しくないようです。

でも、これで注意が必要なのが若年齢の難聴という問題なのです。耳は音の大きさだけでなく、音を発しているものまでの距離が近いほど聴覚にダメージを受けやすのです。

特にヘッドフォンやイヤホンを長時間使っていると難聴を起こしやすいという統計もあるのです。



世界の半数の若者が難聴の危険にあるという事実!


2014年3月3日「国際耳の日」に合わせ、WHOが若者の難聴リスクに警鐘を鳴らすリリースを発表したようです。それによれば、世界の中高所得国に住む12〜35歳の若者の半数近く、実に11億人がヘッドホンやイヤホンで音楽を聴くことで難聴の危険にさらされているようです。

さらにクラブなどでの大音量で、難聴になる危険がある若者の割合が約4割に及ぶというのです。この聴力をいったん失えば、二度と回復しないということを、若者は肝に銘じる必要があると厳しい言葉で警告しているようです。

音は空気が振動することで伝わるが、その振動を感じ取って脳に信号を伝えるのが、耳の奥にある蝸牛(かぎゅう)の細胞なのだそうです。

大きな音に長い時間さらされると、この細胞が傷ついて死んでしまって難聴が起こる。死んだ細胞を再生させる治療法は、現状ではなく、正常な聴力を維持するには予防しかないそうです。

WHOによると、危険なレベルの音量とは自動車の騒音(85dB=デシベル)から、地下鉄による騒音(100dB)に相当。でも、今のイヤホンやヘッドフォンは、最大出力で100dB〜120dBの性能があるそうです。

電車の中などで周囲がうるさいからと、音楽のボリュームを上げすぎると、危険な許容基準などすぐにオーバーしてしまうそうです。


WHOはスマホやオーディオ機器での音楽鑑賞は聴力を守るため「1日1時間以内」に控えるべきだとの指針を発表。さらにコンサートや音楽フェスなどのイベントでは耳栓を使う。

ヘッドフォンやイヤホンはボリュームを上げなくてもよく聞こえる、ノイズキャンセ
リング機能付きのものを使うよう勧めているようです。



難聴が重いほど、認知症になりやすい可能性も


当然だが、難聴は人とのコミュニケーションに支障を与えます。特に高齢者では、周囲への無関心や社会的孤立につながりやすいそうです。

しかしもっと怖いのは、耳が聞こえにくいことが認知症のリスクを高める可能性が指摘されている点です。

それは2011年に米国立加齢研究所(NIA)が発表した研究によるもので、認知症と診断されていない36〜90歳の男女639人が対象。

1990年から4年間にわたり認知力と聴力検査を実施した結果、125人の被験者が「軽度」、53人が「中等度」、6人が「重度」の難聴と診断されたそうです。

そして最終的に58例が認知症を発症し、うち37例はアルツハイマー型認知症であったそうです。

さらなる分析の結果、試験開始時に軽度の難聴があった場合、認知症のリスクは正常な人の1.89倍になったそうです。

中等度の難聴が
あるとリスクは3倍、高度の難聴があるとリスクは4.94倍に跳ね上がったそうです。

アルツハイマー型認知症でも、難聴の程度が10dB増加するごとにリスクは1.20倍になったというのだから、無視は出来ない結果です。

この研究は、難聴と加齢に伴う認知力低下との間に予測的関連性があることを示唆している。元気に老いるためには、耳の健康年齢も極力若く保つことが大切なようで、若者でも認知症など遠い未来の話だと思わないほうが良いようです。


耳をいたわる優しいスローライフは、このビジネス方法で!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png