出会い系売春で生活するシングルマザーも?驚愕の過酷な事実! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

出会い系売春で生活するシングルマザーも?驚愕の過酷な事実!

 
0001_002008.jpg 


女性の貧困が社会問題化しています。2011年の国立社会保障・人口問題研究所の調査で「20歳から64歳の単身女性の3人に1人貧困」「19歳以下の子どもがいる母子家庭では貧困率は57%」という衝撃の調査結果が公表されています。

このような「ガールズプア」に呼応するように増えてきているのが「性風俗で働く母親たち」の存在なのだそうです。

NHKの報道番組でも、性風俗は特殊ではなく母親にとって、身近な存在であり、貧困にあえぐ母親のセーフティーネットになっていると働く風俗ママを特集内で紹介して、大きな反響があったそうです。

でも、性を売る母親は何も風俗業界で働いている女性だけではないのです。管理された風俗店とは別に、個人的に性を売るワリキリ(割り切り)」にも母親が数多く存在すると言われています。

ワリキリは路上で客を引くスタイルとは違って、出会い系サイトや出会い喫茶、テレクラなど出会い系メディアを媒介し売春を行うことなのですが、90年代のエンコー(援助交際)を経て、2000年代に入ってワリキリ、またはワリと称されるようになったそうです。


シングルマザーの生活苦、その果てに・・・。


風俗店以外でも子どもを抱え売春で生計を立てる女性、特にシングルマザーの多さに驚かされるようです。 でも、彼女たちのワリキリはかなり切実なようです。

たとえば、子供が小さいうちは風俗店で働いている人でも、子供が大きくなるとお店に働くことで噂になったり、子供がいじめに遭う可能性もあります。

でも、ワリキリなら、自分の都合に合わせて時間を決めることができる。子どものために貯金をしているのに、一定時間を拘束されてしまう風俗は、割に合わない所もあるようです。

確かに出会い喫茶なら風俗のように店にバックマージンを取られないし、好きな時間に働けます。また、相手を自分で選べるし、サービスの質や値段を決められます。誰の干渉を受けることもなく自由なのでしょう。

もちろん身の危険などのトラブルなどリスクもあるが、母親である彼女たちにとって、子どもに合わせて働けるワリキリは風俗店よりも合理的なのだそうです。


子どもの時間に合わせて「夜7時には帰路に着く」という規則正しいワリキリで生計を立てて子育てをしているシングルマザーも多いと聞きます。

でも、彼女たちの多くは
家族からも社会からも孤立しています。学歴もキャリアもなく、頼る人もいない女性にとって、子どもを抱えて生きて行くための手段がワリキリであり風俗という選択なのです。
 
問題はそのしわ寄せが母親だけでなく子どもたちにも及んでいくことです。出会い喫茶は本当に病んでる人が多いようです。

聞くと、
みんな安定剤飲んでるとか、リストカットしたことがあるとか。その原因は彼氏だったり、親だったり、いろんな理由があるようです。

こうした悪循環は必然的に子どもたちへ向かう。大阪で23歳の風俗嬢が2人の幼児をマンションに50日間も放置して餓死させる事件が起こったが、これも風俗で働く母親のひとつの現実だったようです。

こうした母親、女性たちを個人的資質として貶め、蔑み、批判し、切り捨てるのは簡単ですが、その背後に貧困、格差、女性蔑視という社会的構造があります。

それが子どもたちへのネグレクト、虐待に連鎖しているのではないでしょうか。

彼女たちは稼ぐ手段として、ワリキリに走っているだけ、もっと生活だけではなくて自分や子供の夢の実現を健全な形で形に出来る在宅ビジネスの存在を広げたいです。



身の危険を感じずに、子供の成長を見られるビジネス方法!




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png