水道水をそのまま飲める国は、世界で13カ国しかない事実! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

水道水をそのまま飲める国は、世界で13カ国しかない事実!

 
a1180_009279.jpg 

ズバリ!水道水が飲める国を公表します!


あなたは、世界中で水道の蛇口を開いてそのままおを飲める国って、たった13カ国しかないのをご存知ですか? ある調査によれば以下が具体的な国のようです。

ヨーロッパでは、水道が飲めるのは、フィンランド、ドイツ、アイスランド、アイルランド、オーストリア、スロベニア、クロアチア。 そして、アジアで水道が飲める国は以外と少なくて、日本、UAE(アラブ首長国連邦)、ニュージーランド。 さらに、意外に水道が飲める国でアフリカが多くて、南アフリカ、レソト、モザンビークの3国となります。 

こうしてみると、近隣の中国や韓国、そしてアメリカに至っては全滅のようです。 水質が悪いという問題だけでなく、危険な成分が検出されて、飲み水には適さないというケースもあるようです。



水が良いと、安心・安全な暮らしが出来る!


水質が良いということは、その土地で育つ穀物や動物も安全ということですが、反対に水質が悪い所では、生産され収穫される食品がちょっと心配になります。

今後はドンドン海外のもの、中でも水質が悪い国からの輸入品も大量に入ってくるだけに、成分チェックが欠かせない状況です。

国の食品自給率も下がる一方で、農業や畜産、漁業などの第一次産業の従事者は激減する一方で、もはやほとんどの食品を海外に頼らなければいけない状況。

今後は、消費者である私たちが厳しい目で、食品は安全なのかどうか見極める時代になっているのでしょう。  


このような時代に、時間と経済の自由を獲得しておく事は、非常に重要になります。それは時間が忙しく、貧しくなればなるほど、スーパーに並ぶ価格の安い危険なりクスの高い食品を選ぶしかないからです。

時間もお金も豊かであれば、国内産の産地直送の安心できる食品を選択することが出来ますし、安全・安心で健康的に過ごす事が出来ますよ。



得体の知れない激安輸入品を食べたくないなら、今すぐクリック!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png