なぜ缶コーヒーがスチール缶からアルミ缶に変わったの? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

なぜ缶コーヒーがスチール缶からアルミ缶に変わったの?

 coffee.jpg 


缶コーヒー、スチール缶からアルミ缶へ?


缶コーヒーって、今まではスチール缶でしたよね。あなたは最近缶コーヒーがアルミ缶に変わってきているのをご存知ですか?

実は、国内コーヒー缶市場で4割弱を占めるミルク入り缶コーヒー(190cc)容器が、すでに全面的に
スチール缶からアルミ缶に切り替わっているのです。

企画元の大手飲料メーカーが、価格の低いアルミ缶を採用することで、調達費用を抑えることが目的だということのようです。

190ccのミルク入り缶コーヒーの素材に、アルミが本格的に採用されるのは初めて。関係者によれば、今回のアルミ化により、スチール(ティンフリー鋼板)は、ブリキを含む国内需要の約1割に当たる約9万トンが減少するとの事。

ブリキメーカーは、価格競争力の強化やビール、その他の容器などの市場開拓を進め、今後のシェア拡大を図るのでしょうね。



なぜ今まで缶コーヒーはアルミ缶じゃなかったのか?


100億缶強の缶コーヒー市場は、これまで「スチール缶が独占」だったが、最近ではブラックコーヒーを中心にアルミ化が進んでおり、厳しい品質検査が必要とされるミルク入りコーヒーにおいても同様の動きが出てきている。

何でもこれまでは、コーヒー成分は雑菌が繁殖しやすく、滅菌の関係で厳重に検査を行い、固いスチール缶で提供された缶コーヒーでした。

でも、そこまでの衛生管理は必要がないということのようですが、本当に大丈夫なのでしょうか?コスト削減の理由だけでアルミ缶に変わるようなら心配です。


ビジネスでは、缶コーヒーのように厳しい検査を受けない為に、大手サイトでも広告にいい加減なビジネスと言えない様なお金儲けや、いつの間にか終わってしまうような商売のサイトが掲載されている時があります。そんなビジネスに参加しても、時間の無駄です。

WEBの集客を徹底して研究し、すでに10年以上健全に継続、毎月安定・継続した権利収入が獲得出来る在宅ビジネスを展開する情報をご存知ですか。


コツコツ出来れば3年後には、とても楽しみな在宅ビジネス!




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png