なぜ危険なトランス脂肪酸が野放しなのか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

なぜ危険なトランス脂肪酸が野放しなのか?

a1180_006527.jpg  

トランス脂肪酸の何が怖いのか?


あなたはトランス脂肪酸を多く含む食品はご存知でしょうか。そして、なぜトランス脂肪酸危険で、日本はそれを野放しにしているのか分かりますか?

今、世界的にトランス脂肪酸の規制が広がっているのは、とても危険な成分であるからです。米国、カナダ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、韓国、香港、台湾、中国では、食品含有量表示を義務付けているそうです。

トランス脂肪酸は、心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、肥満を発症させやすく、アレルギー疾患を増加させ、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性のある成分なのです。

母乳を通じた乳児へのトランス脂肪酸の移行が、研究等で確認されているそうです。WHO(世界保健機関)も心臓血管系の健康増進のため、食事からのトランス脂肪酸の摂取を極めて低く抑えるべきだと指摘しています。

さらにWHOは、トランス脂肪酸の高摂取群を考慮すべきとして、1%未満というレベルの規制強化に乗り出しているそうです。


トランス脂肪酸は、具体的にどこに含まれているのか?


トランス脂肪酸は、どの食品にどのように入り込んでいるのでしょう?私たちが問題にしているトランス脂肪酸ですが工業的に植物油を脱臭のために高熱処理したり、水素を加えて「硬化油」に加工したりする過程で生成される成分。

どのような食品に含まれているのかというと、主に問題にされるのが、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニング、クリームなどが代表格なのだそうです。

トランス脂肪酸を含有する食品は、マーガリン、ファットスプレッドだけでなく、ショートニングを練り込んで作られるクッキー、ビスケットなどの焼き菓子、パン製品、ケーキに広がりますので、ほとんどの広範囲な加工食品に含まれているのが分かりますね。


トランス脂肪酸の政府の対応は?


このように多くの加工食品に含まれているトランス脂肪酸に対する日本政府の対応はどうなっているのか。端的に言えば、無規制で民間任せという状態のようなのです。世界的に広がっている表示義務化も日本では行われていません。

使用規制がないために、食品事業者の中には前述のようにトランス脂肪酸が含まれているショートニングを平気で使っている事業者が存在します。

市販のマーガリンの中でも、毎朝パンに塗るだけで平均摂取量の2倍近く取ってしまう
ほどトランス脂肪酸の含有量が高いものが多く流通しているようです。

日本人の通常の食生活も絶えず変化をしており、外食産業、コンビニや冷凍加工食品への依存度も増えつつあるので、健康を維持する意味でも、トランス脂肪酸を極力減らす努力を日頃から行うしかないようですね。


食材を吟味しながら、安全な成分で作られた食品を選ぶ為には、常日頃仕事で忙しかったり、割高の食品を選択するには経済力がないと難しいです。 

そこで、自由な時間とお金を得ていけるビジネスを手掛けてみてはいかがでしょう。 トランス脂肪酸を極力減らせる品質の高い食材を、自由に選ぶ事が出来て、健康維持にもつなげる事が出来ますね。


WEB集客の在宅ビジネスで、リスクを抑えた食生活を! 




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png