大企業の生き残りは、ITアプリ情報会社の買収なのか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

大企業の生き残りは、ITアプリ情報会社の買収なのか?


OJS_noankuchimoto500.jpg 


ヤフーが買収したコミュニティファクトリー


2012年9月、ヤフー買収しているコミュニティファクトリーですが、元々若い女性向けアプリ開発が好調で、そこに目をつけたヤフーがユーザーを集める力やアプリの開発ノウハウを期待して買収に至ったという経緯があるのですね。

現在、この特性を利用して「クロシェ」という大人の女性のための購入出来るファッションマガジンアプリを販売しているようですね。 http://clooshe.yahoo.co.jp/

元々コミュニティファクトリーといえば、デコれるカメラアプリのDECOPICが大当たりして注目されていた会社です。このコミュニティファクトリーヤフーが買収。買収額は、およそ10億円だというから驚きですね。

ヤフーは、この買収によってDECOPICを手に入れますが、それだけではなくスマホファーストを掲げるヤフーにとって若い女性をターゲットとしたスマートフォンのユーザーを手中に治めるという狙いがあったものと考えられていたよう
です。



mixiから始まったソーシャルアプリ開発


コミュニティファクトリーは、元々2006年創業ですが、2009年のmixiのオープン化のスタート時にソーシャルアプリを提供し、ソーシャルアプリ事業者として注目をあびていたのですね。

初期のころには、いくつかのヒットアプリも出しているし、現在もmixi上で培った診断系アプリをスマートフォンアプリとしてFacebook対応で提供していて人気を得ているので、ご存知の方も多いかもしれません。

でも、残念ながらソーシャルゲームでの収益化に事業を結びつけることができなかったため、ソーシャルゲーム企業へは進化しなかったが、こういったソーシャル性を持ったアプリの開発能力もヤフーにとって魅力だったのでしょうね。

コミュニティファクトリーは、ミクシィが運営するベンチャーファンドのミクシィファンドの一号案件でも知られ、情報筋によれば筆頭株主はミクシィで、そのシェアは40パーセントだというのだから驚きですね。

さらに各金融機関も、この企業に投資を行っているようです。ヤフーは最近スタートアップにも目を向け始めていると考えても良いのかもしれません。 

いずれも、先日話題になったインフォトップの買収の件など、大手会社が今後の有望なアプリや情報起業会社を買収する動きは続いていくでしょうね。



大手企業が参入せず、安定・継続して権利収入を得られるビジネス



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png