ネットワークビジネス企業はブラック企業、ホワイト企業?? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネス企業はブラック企業、ホワイト企業??


a0001_000025.jpg 

最近、労働環境が悪く、若者の離職率が高いといったブラック企業の存在が国会でも話題になり、ブラック企業対策法案が提出されたようです。

そのブラック企業を問題視して、それに対する様々な対策が考えられているようです。 就職活動では多くの学生が、このブラック企業の対極の存在として、ホワイト企業という言葉も使われるようになりました。

ブラック企業の反意語として定義されるので、労働環境がよく若者の離職率が低い企業がホワイト企業の定義になるのではないでしょうか。

実際にホワイト企業ランキングをみてみると、なるほど多くの人が入社したいような人気の大手企業だったり、誰もが知っているような有名ネット企業が名を連ねています。

政府もブラック企業を撤廃させ、ホワイト企業へ移行させよう動いていますが、私は必ずしもホワイト企業が良いとは思いません。労働環境に問題なく、若者の離職率が低くても業績の安定しない企業が膨大にあるからです。

これは経営者としての目線ですが、若者の離職率を減らすために仕事量を減らし、残業等もさせないと幹部や管理者は現状に危機感を抱いているのに、現場の若手はまるで危機感を覚えていないというおかしな組織になってしまう危険性があります。

このような<組織では若手は育ちません。長期的な目で見た時に後々苦労することになります。 経営者は、常に直近の業績が良くても、それが一時的なものなのかどうかの見極めがとても重要です。

一時的に高業績であっても、その数年後に急降下してしまっては安心して働き続けることができないからですね。

そういう意味では、ネットワークビジネス企業の経営は、広告費や人件費といった経費を極力抑える事が出来るので、質の高い製品を生み出し、堅実に運営し続けていけば経常利益も順調に伸ばせるのではないかと思います。

それでも、ネットワークビジネスでは外部の事業主である優秀なディストリビューターを、ある程度集める必要がある為、ここでつまずいてしまうと売上が上がらず、倒産という危険性はあると思います。

ネットワークビジネスの会社がブラック企業かホワイト企業かということは、結局会社内部を調査しないと分からないので、会社によると言えるでしょうね。


こういったブラック企業、ホワイト企業という話題が聞かれるネットワークビジネスですが、世間ではまだまだ悪いイメージが先行するのは、どうしてなのでしょうか?

多くのネットワークビジネスは、直接友人に勧誘を行ってメンバーを募集するので、興味があるかどうか分からない人にまで、勧誘活動をしてしまう危険性が大きく、これがネットワークビジネスのイメージを悪くしている可能性があるのです。

なかには、興味がない人を説得して何とか成約しようとして、悪循環に陥ります。これが悪い評判・被害につながり、ヤフーの知恵袋や2ちゃんねるのような掲示板に書き込まれるのですね。

当然、興味のない人にビジネス勧誘をしても嫌がられるだけで、成約は出来ません。勧誘する方、勧誘される方、お互いプラスにならないのです。 実際に製品は良くても、ビジネス勧誘が嫌だからとビジネス参加出来なかったり、実際ビジネス勧誘は気が進まない方が大変多いのですね。

そこで、最初からネットワークビジネスに興味がある人だけを集めてみてはいかがでしょう。この集め方であれば、むこうから興味のある方だけがやって来るので、ストレスなくメンバーをドンドン作ることが出来ますよ。


では、それは一体どのような方法を使って集客していくのでしょうか。 これを知ったら、あなたもビックリするのではないでしょうか?



門外不出の極秘ノウハウが、期間限定でついに公開!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png