メンバーラインを増やすより、製品の販売に集中したほうが良いのでは? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

メンバーラインを増やすより、製品の販売に集中したほうが良いのでは?


ネットワークビジネスで中途半端に終わらない秘訣を初公開!



2014y05m21d_225741786.jpg 

実際に製品販売するのが得意な方に多い傾向のご質問ですが、「メンバーのリクルートよりも、製品をより多く販売する方に力を入れた方が良いんじゃないでしょうか?」という問い合わせ関しては、その方がネットワークビジネスに何を求めるのかによって違います。

もし、毎月少しばかりのお小遣いが入ってくれば良いというのであれば、販売に専念するのも良いでしょう。でも、ネットワークビジネスの潜在的なパワーが生み出す驚異的な収入を毎月手に入れたいと思われるのなら、メンバーラインのネットワークを構築するすることが不可欠となります。

メンバーラインのどの段階でも、あなたの関わる企業の製品を消費する多くの人々がいます。その段階のレベルが増えるに従って、あなたの収入も劇的に増えてきます。

ネットワークビジネスにおいては、あなたのメンバーラインは、それぞれが独立した事業者です。ですからあなたは大きな資本を準備する必要はなく、在庫も抱える必要もないのです。

ネットワークビジネスで成功している人々は、活気に満ちた大きなメンバーラインを構築した人たちです。その中には製品販売だけに専念した人は見当たりません。メンバーラインというのは、あなたの努力を何倍にも拡大してくれるシステムなのですね。




ところで、話は変わるのですが、こういったメンバーラインの育成と製品販売のどちらを優先すべきかという話が話題にのぼるネットワークビジネスですが、世間ではまだまだ悪いイメージが先行するのは、どうしてなのでしょうか?

多くのネットワークビジネスは、ビジネス勧誘でメンバーを募集するので、興味があるかどうか分からない人にまで、勧誘活動をしてしまう危険性が大きく、これがネットワークビジネスのイメージを悪くしているのです。

なかには、興味がない人を説得して何とか成約しようとして、悪循環に陥ります。これが悪い評判・被害につながり、ヤフーの知恵袋や2ちゃんねるのような掲示板に書き込まれるのですね。

当然、興味のない人にビジネスをしても嫌がられるだけで、成約は出来ません。ビジネスする方、ビジネスされる方、お互いプラスにならないのです。

実際に製品は良くても、ビジネス勧誘が嫌だからとビジネス参加出来なかったり、実際ビジネス勧誘は気が進まない方が大変多いのですね。

そこで、最初からネットワークビジネスに興味がある人だけを集めてみてはいかがでしょう。この集め方であれば、むこうから興味のある方だけがやって来るので、ストレスなくメンバーをドンドン作ることが出来ますよ。


では、それは一体どのような方法を使って集客していくのでしょうか。 これを知ったら、あなたもビックリするのではないでしょうか?



門外不出の極秘ノウハウが、期間限定でついに公開!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png