ネットワークビジネスにおけるメンバーラインの存在とは? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネスにおけるメンバーラインの存在とは?


【注目】もう緊張して友人に勧誘する必要はなくなります!

2014y05m21d_225741786.jpg


ネットワークビジネスにおいて、メンバーラインというものは組織を構築する上で、必ず存在するものです。これはあなたから始まる製品の流通ネットワークを指して使われる言葉です。

あなたにとっては、ネットワークを構成するディストリビューター各人を意味し、その全体もまたメンバーラインという家族のようなものだと言って良いでしょう。

このメンバーラインには、あなたが直接スポンサーしたフロントラインと呼ばれる人たち、その人たちがさらにスポンサーした人々、さらに次にスポンサーされた人々・・・と続くのです。あなたから始まるネットワークの全ての人々が含まれます。

逆に、あなたのアップラインを見てみても、あなたの存在は彼らのメンバーラインということになるのですね。さらにそのアップラインも誰かにスポンサーされて、ネットワークマーケティングに参加したわけですから、彼らもスポンサーしてくれた人のメンバーラインというわけです。

ちょっと頭がこんがらがって来ましたか? ある意味誰もがスポンサーされた人から見れば、メンバーラインだという事なのです。

このようにネットワークビジネスでは、誰かのメンバーラインであるのと同時に、別の誰かのアップラインでもあるという2つの側面を併せ持っているのです。つまり、誰を基準に考えるかで呼び方が変わっていくということです。

ですから、ネットワークマーケティングは、いつ始めてもどこから始めても公平で平等なシステムだと言えるのです。

よく「早い者勝ち」とか「縁故募集の特典つき!」という宣伝をうたい文句に勧誘しているビジネスがありますが、あれは誇大広告に近いもので、あくまで本来のネットワークビジネスの姿ではありません。




ところで、話は変わるのですが、こういったメンバーラインの存在がよく話題にのぼるネットワークビジネスですが、世間ではまだまだ悪いイメージが先行するのは、どうしてなのでしょうか?

多くのネットワークビジネスは、ビジネス勧誘でメンバーを募集するので、興味があるかどうか分からない人にまで、勧誘活動をしてしまう危険性が大きく、これがネットワークビジネスのイメージを悪くしているのです。

なかには、興味がない人を説得して何とか成約しようとして、悪循環に陥ります。これが悪い評判・被害につながり、ヤフーの知恵袋や2ちゃんねるのような掲示板に書き込まれるのですね。

当然、興味のない人にビジネス勧誘をしても嫌がられるだけで、成約は出来ません。勧誘する方、勧誘される方、お互いプラスにならないのです。

実際に製品は良くても、ビジネス勧誘が嫌だからとビジネス参加出来なかったり、実際ビジネス勧誘は気が進まない方が大変多いのですね。

そこで、最初からネットワークビジネスに興味がある人だけを集めてみてはいかがでしょう。この集め方であれば、むこうから興味のある方だけがやって来るので、ストレスなくメンバーをドンドン作ることが出来ますよ。


では、それは一体どのような方法を使って集客していくのでしょうか。 これを知ったら、あなたもビックリするのではないでしょうか?





門外不出の極秘ノウハウが、期間限定でついに公開!




関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png