節分にまくのは豆ですが、人生の種まきはどうするの? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

節分にまくのは豆ですが、人生の種まきはどうするの?

 
ehou.jpg 

節分は2月3日、全国的に行われていますが、
節分は読んで字のごとく、季節と季節の分かれ目のことです。ですから、元々各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことをさしていました。

現在では、「立春」の前日を「節分」と呼ぶようになっています。
寒い冬から暖かい春になるこの時期を1年の境とし、現在の大みそかと同じようにまさに季節を分ける日と考えられていたということから、特に「立春」の前の日が「節分」として、広まったようですね。


節分の豆まきは、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その邪気を追い払う儀式として、文武天皇の慶雲3年(706)に宮中で初めて行われたのだそうです。

それでは、なぜ「豆」をまくのか、というと、昔から穀物や果実には「邪気を払う霊力」があるとされていたので、当初は豆だけではなくお米や麦などもまいていたそうですよ。

「豆」をまくようになったことについては、収穫量が多かったことや投げやすかったからなど諸説はありますが、現代では「豆」を邪気(鬼)を払うために撒くようになったんですね。

一般的に豆まきに使う豆は炒った大豆。火で炒り、邪気を払った豆は『福豆』と呼ばれ、福を年の数だけ身体に取り入れることで、次の年も健康で幸せに過ごせるよう願うそうです。



また、最近では節分には豆とともに「恵方巻き」が有名になりましたが、この巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方(えほう)に向かって巻き寿司を丸かぶりするようになりました。

恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいる方角のことで、その年の最もよいとされる方角があるそうです。


恵方巻きを食べる風習はもともと関西で行われていたものですが、その後、マスコミなどに取り上げられ、次第に全国に広がっていき、今ではスーパーやコンビニでも恵方巻きを買うことができるようになりましたね。

この恵方巻きの食べ方ですが、太巻きを1人に1本用意して、七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きが多いようです。それを丸ごと1本用意して包丁で切らないで食べます。 これは縁を切らないようにという意味が込められているのだそうです。

その年の最もよいとされる方角(恵方)を向き、願い事をしながら最後まで喋らずに食べないと、運が逃げてしまうと言われているので、最後まで黙々と食べましょう。


でも、お願いだけでは自分の夢の実現は叶いませんね。だから、節分を楽しみながらも、コツコツと幸せの種まきを完全在宅ビジネスで、行っていますよ。



実際にどんな夢でも叶えることが出来る在宅ビジネス!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png