ネットワークビジネス、新規立ち上げの縁故募集に潜む罠(わな)とは! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネス、新規立ち上げの縁故募集に潜む罠(わな)とは!


beach.jpg 

ネットワークビジネス企業は、国内に5000社以上あるといわれ、毎年新規立ち上げネットワークビジネス会社も40~50社で、そのうち10年後に存続している会社は1000社のうち1社・・・わずか0.1%なのだそうです。

新規立ち上げの会社の縁故募集などに「今がチャンスです!」「早い者勝ちです!」などと言う宣伝文句がありますが、今がチャンスと思って入っても数年経たない間に会社がなくなってしまえば、せっかく構築した組織もあっという間に崩壊してしまいます。

新規立ち上げの会社をチャンスとしてとらえ、製品にはこだわらず、組織ごと新しい会社を次々と移りゆく渡り鳥もいると聞きます。

たえず新規をねらった渡り鳥のビジネスの方法・・・これでは理念もポリシーも、へったくれもありませんね。

第一、縁故募集の度に自分が作った組織を動いていけば、会社や製品に対しての信頼、愛着が希薄になるばかりか、そこに渦巻くのは「稼げればそれで良い」という打算的な考えの集団ですから、会社に何かあればすぐにゆらぎ、瞬く間に崩れていきます。

大変軟弱な組織であり、新しい次の会社に移れば良いと言う単純なものではありませんよね。先ほどもお伝えしたように、新規立ち上げ会社の10年存続率は0.1%。このようなリスクの中で立派な組織が育つはずもないですから。

すでに立ち上がってからが長いビジネスに参加しても、組織を作りあげるのに時間がかかる。また、すでに飽和状態かもしれない・・・。

では新規立ち上げ企業のビジネスに早目に参入しておけば、簡単に努力をしないで稼げるのでは? そんな風に考える人がいるのではないでしょうか。

ネットワークビジネス企業は立ち上げてから数年以内に撤退、消滅する確立がとても高いと言われています。

結局「日本に上陸しなかった」「会社が動き出さなかった」「会社自体が消滅した」そんな事態が頻繁に起こっているのです。



ところで、話は変わりますけど、こういった新規立ち上げ会社がよく話題にのぼるネットワークビジネスですが、世間ではまだまだ悪いイメージが先行するのは、どうしてなのでしょうか?

多くのネットワークビジネスは、ビジネス勧誘でメンバーを募集するので、興味があるかどうか分からない人にまで、勧誘活動をしてしまう危険性が大きく、これがネットワークビジネスのイメージを悪くしているのです。

なかには、興味がない人を説得して何とか成約しようとして、悪循環に陥ります。これが悪い評判・被害につながり、ヤフーの知恵袋や2ちゃんねるのような掲示板に書き込まれるのですね。

当然、興味のない人にビジネスをしても嫌がられるだけで、成約は出来ません。勧誘する方、勧誘される方、お互いプラスにならないのです。

実際に製品は良くても、ビジネス勧誘が嫌だからとビジネス参加出来なかったり、実際ビジネス勧誘は気が進まない方が大変多いのですね。

そこで、最初からネットワークビジネスに興味がある人だけを集めてみてはいかがでしょう。この集め方であれば、むこうから興味のある方だけがやって来るので、ストレスなくメンバーをドンドン作ることが出来ますよ。

では、それは一体どのような方法を使って集客していくのでしょうか。 これを知ったら、あなたもビックリするのではないでしょうか?


門外不出の極秘ノウハウが、期間限定でついに公開!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png