ネットワークビジネス、外国では偏見が少ないのはなぜですか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネス、外国では偏見が少ないのはなぜですか?


【注目】もう緊張して友人に勧誘する必要はなくなります!


ta0002_005815.jpg 

ネットワークビジネスは、日本ではその言葉を出しただけで顔色を変えられたり、話を切り出す側も隠れるようにコソコソ、あるいは嘘をついてセミナーに参加させるなど、姑息な手段を使わなければならないほど、大変な状況のようです。

しかし、外国では普通のビジネスチャンスとして話されるようです。日本以上に外国ネットワークビジネス市場は歴史もありますし、日本同様成長し続けているのですね。

ネットワークビジネスが生まれたアメリカはもちろん、ヨーロッパや中国でも、現在は盛んに行われていますね。今ではかなり多くの海外企業が、日本にも上陸していますので、外国の製品を使うことにはあまり抵抗はなくなっています。

むしろブランドイメージの強い製品は、積極的にMLMでも購入されて使われているようです。 もちろん外国でも、ネットワークビジネスに対する偏見は皆無ではありませんが、やぱり日本はマルチまがいの詐欺事件が横行した為に、まだまだ偏見が顕著なようです。


ネットワークビジネスMLM、という単語が出てきただけで、その反応たるや、すさまじいの一言です。2ちゃんねるやヤフー知恵袋などの掲示板などでも、ほとんど悪口や批判ばかり・・・。

ネットワークビジネスをきちんと評価すれば、法令を順守してビジネスを展開している会社やディストリビューターには、罪はないと思いますよ。




ところで、話は変わるのですが、こういった外国企業がよく話題にのぼるネットワークビジネスですが、世間ではまだまだ悪いイメージが先行するのは、どうしてなのでしょうか?

多くのネットワークビジネスは、ビジネス勧誘でメンバーを募集するので、興味があるかどうか分からない人にまで、勧誘活動をしてしまう危険性が大きく、これがネットワークビジネスのイメージを悪くしているのです。

なかには、興味がない人を説得して何とか成約しようとして、悪循環に陥ります。これが悪い評判・被害につながり、ヤフーの知恵袋や2ちゃんねるのような掲示板に書き込まれるのですね。

当然、興味のない人にビジネスをしても嫌がられるだけで、成約は出来ません。ビジネスする方、ビジネスされる方、お互いプラスにならないのです。

実際に製品は良くても、ビジネス勧誘が嫌だからとビジネス参加出来なかったり、実際ビジネス勧誘は気が進まない方が大変多いのですね。

そこで、最初からネットワークビジネスに興味がある人だけを集めてみてはいかがでしょう。

この集め方であれば、むこうから興味のある方だけがやって来るので、ストレスなくメンバーをドンドン作ることが出来ますよ。

では、それは一体どのような方法を使って集客していくのでしょうか。 これを知ったら、あなたもビックリするのではないでしょうか?

その方法は、下記から学ぶ事が出来ます。



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png