ネットワークビジネスの縁故募集って、本当にチャンスなのか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネスの縁故募集って、本当にチャンスなのか?


インターネットなら無尽蔵!究極のメンバー獲得方法が遂に解禁!


lgf01a201311260700.jpg



海外発のネットワークビジネス会社では、だいたい上陸前に「縁故募集」という形で会員獲得に動き出します。 インターネット上でも早期に会員登録した方はブログやホームページを作って、宣伝・勧誘をしているのを私もよく拝見します。

最初は、そういう立ち上げ時期ですから、日本のあちこちで説明会が行われていきますし、大規模な会社であれば、それなりの盛り上がりがあります。

本登録に関する説明会の為、アメリカから役員さんが来日するなんていうことも、よくあるケースです。

このような盛り上がりに上手に乗って、そのまま走りきれちゃう人は、何事もうまくいく人かも知れませんが、実際にはそう簡単なことではないようです。

海外のネットワークビジネス会社が、新たな国に上陸を計画する場合、このような「縁故募集」という形で、メンバー数をある程度揃えた上での営業開始が通例なのです。

だからと言って、やみくもに「稼げる、儲かる」という宣伝・勧誘でメンバー募集に走っても、せっかく作った組織が動き出さないうちに崩壊するという事態もありがちです。

重要なのはその企業のポリシーや製品の良さといった稼ぎ以外の魅力をメンバーに浸透させる所なのです。 お金、儲けだけで集まった集団は、また新たな「儲け話」があると簡単に移動しますよ。。。(経験談)


私は早いもの勝ちなビジネスではなく、その人の努力に見合った分の公平なプログラムのあるネットワークビジネスでコツコツやっていきたいです。 日本に上陸するほとんどのネットワークビジネスでは、 ビジネス勧誘が会員獲得の手段です。

でも、ビジネスビジネスでは、興味があるかどうか分からない人にまで勧誘活動をしてしまう危険性があるのです。 当然、興味のない人にビジネスの勧誘をしても成約できませんし、お互いにプラスにならない話ですし、気が進みませんよね。

さらには嫌がる人に、勧誘するケースも出るので苦情やクレームを浴びる結果にもなりかねません。

よくヤフー知恵袋や2ちゃんねるに書き込まれている苦情の多くは、この勧誘のやり方に対する内容が多いです。

そこでお勧めなのがインターネットを使って、最初から興味のある人だけに下記に来ていただくというやり方です。

この方法であれば、ストレスなくメンバーを作ることも出来ますよ。 では、どうやって集客すれば良いのか。

それは下記をご覧下さい。



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png