ネットワークビジネスは、確定申告が必要なのか? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネスは、確定申告が必要なのか?


a0002_003651.jpg 

確定申告ですが、普通のサラリーマンであれば、大体は源泉徴収という形で、
雇用主から自動的に所得税が支払われるのですが、ネットワークビジネスは事業であり、自営業となりますから、税金は自分から払っていかなければなりません。

確定申告を怠ると、あとあと国税庁から多額の税金を要求されることがあります。ネットワークビジネスで儲かるようになったら、必ず確定申告をおこなうようにしましょう。


ネットワークビジネスでお金を稼ぐ場合、税金確定申告という形で、自分から毎年3月15日までに税務署へ申告します。ただし、申告の必要があるのは、年間のネット収入が20万円を超えた場合です。他になにも仕事を持っていない無職の方の場合、38万円を超えた場合です。それ以下のネット副収入である場合は、申告の必要はありません。

有職者の人は目安として、月々に平均1万5000円以上をネットワークビジネスで稼げるようになったら、確定申告を意識していくといいでしょう。


白色申告は副業レベルの稼ぎの人や、確定申告の初心者、時間をかけずに簡単に納税をおこないたい人などにオススメです。

青色申告は目安として、年間200~300万円以上のネット副収入があり、ネットワークビジネスだけで生計を立てられる人にオススメです。

また「複式簿記」という複雑な記帳が必要なかわり、65万円の特別控除がありますので、多少面倒になってもいいから払う税金を減らしたい、という人にも青色申告はオススメなのです。




ところで、話は変わるのですが、こういった確定申告が話題にのぼるネットワークビジネスですが、世間ではまだまだ悪いイメージが先行するのは、どうしてなのでしょうか?

多くのネットワークビジネスは、ビジネス勧誘でメンバーを募集するので、興味があるかどうか分からない人にまで、勧誘活動をしてしまう危険性が大きく、これがネットワークビジネスのイメージを悪くしているのです。

なかには、興味がない人を説得して何とか成約しようとして、悪循環に陥ります。これが悪い評判・被害につながり、ヤフーの知恵袋や2ちゃんねるのような掲示板に書き込まれるのですね。


当然、興味のない人にビジネスの勧誘をしても嫌がられるだけで、成約は出来ません。勧誘する方、勧誘される方、お互いプラスにならないのです。

実際に製品は良くても、ビジネスの勧誘が嫌だからとビジネス参加出来なかったり、実際ビジネス勧誘は気が進まない方が大変多いのですね。


そこで、最初からネットワークビジネスに興味がある人だけを集めてみてはいかがでしょう。この集め方であれば、むこうから興味のある方だけがやって来るので、ストレスなくダウンをドンドン作ることが出来ますよ。


では、それは一体どのような方法を使って集客していくのでしょうか。
これを知ったら、あなたもビックリするのではないでしょうか?


その方法は、こちらで学ぶ事が出来ます。
     

                        ↓   ↓   ↓


【必見!】なぜ寝ている間にメンバーが集まるの?理由を全て公開!

関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png