「後出しマルチ」って何だ?MLMを模した詐欺まがい商法! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

「後出しマルチ」って何だ?MLMを模した詐欺まがい商法!

a0001_009296.jpg 


ネットワークビジネスは、れっきとした法を遵守したビジネスですので、成人で、かつ学生ではない方が対象となっているのに比べて、「後出しマルチ」と呼ばれる悪質事業者が多く行う商売は、ほとんどが未成年や学生をターゲットにしています。

要はまだ十分に経験や判断能力がない未成年に、「先物取引」「ギャンブル」「PCツール」などのの物品を売りつけ契約を取っている複数の事業者が存在していて、トラブルになっているようです。

その事業者の多くが、そのような物品を販売した後に「人に紹介すると収入が得られる」「人脈が増える」高価な資産運用ソフトや、ビジネス講座などの契約を結ばせようと巧みに勧誘してきます。

相手が金がないと言えば、 消費者金融などで借金をあっせんする行為を「後出しマルチ」として、社会問題として浮上しているそうです。


そして、後で契約者が実際に利益をあげられず抗議した 段階で初めて、他の人にも契約していけば、報酬(コミッション)を得る事が出来ますなどと、後から特定利益の存在を明かす悪質商法のようです。

このように先に十分な説明をせず、後からその特定利益の有無を明かす事から、後出しマルチという名称がついたようです。


狡猾な悪質マルチまがい商法の実態


彼らのやり方は、めちゃくちゃです。完全な法律違反なのです。特定商取引法では、連鎖販売取引を行う事業者は、会員登録の際、概要書面と契約書面を必ず用意しなければいけません。

でも、彼らはこの義務を負わずに済まそうとしたようなのですね。しかも、
クーリングオフ制度は特商法の20日間に対して、訪問販売を主張して8日間に短縮しようとしたそうです。

元々ネットワークビジネスの場合は、特定利益(コミッション)と特定負担(購入義務)は表裏一体であり、ワンセットという考え方なのです。

しかし、後出しマルチまがいの悪徳商法は、勧誘をする際には特定利益の存在を伏せるのです。

つまり、後出しマルチは先に特定利益の説明をしない事を理由に、「連鎖販売取引には該当しない」などと主張するつもりなのでしょうか。

ただ、これは一部の販売員が特定利益を持って勧誘した場合、明確に連鎖販売取引とみなされ、特商法の多くの規定に違反することとなるわけなのですね。

このような輩(やから)の出現で、ネットワークビジネスの評判を落とさないように、消費者庁の管轄する「特定商取引法の申出制度」を通じ、相談やトラブルの多い悪質な事業者はしっかりマークして、しかるべき処置を行う必要がありそうです。


多くのネットワークビジネスでは、法律に違反していないとはいえ、直接知り合いにビジネスチャンスの勧誘を行なっています。

その現場では、興味のない友人や知人に執拗な勧誘活動をしてしまう危険性が含まれています。

なかには、目先の紹介で獲得できるバックマージンなどを目当てに興味がない人を説得して、何とか成約しようとするような人も存在します。

これが悪い評判・被害につながり、ヤフーの知恵袋や2ちゃんねるのようなネットの掲示板に書き込まれるのです。


実際に製品は良くても、ビジネス勧誘が嫌だからとビジネス参加出来なかったり、実際ビジネス勧誘は気が進まないという方も結構いらっしゃるようです。


私は過去「お声掛け」でうまくいかなかった人たちに、インターネットからの集客をご提案しています。

その結果、完全在宅でグループが拡大出来てしまうのです。
この10年以上も右肩上がりで成長し続けているノウハウを知ったら、あなたもきっと驚きますよ!


その方法は、こちらで学ぶ事が出来ます。
     

                  ↓   ↓   ↓
    

【必見!】なぜ寝ている間にメンバーが集まるの?



 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png