サプリメントに欠かせないビタミンC、発見の歴史とは? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

サプリメントに欠かせないビタミンC、発見の歴史とは?


a1180_001748.jpg 

今や、知らない人はいない美容成分といえば、ビタミンCですが、この発見までの歴史はひょんなことから始まりました。よくネットワークビジネスのサプリメントにも使われている有名な美容成分ですよね。

ビタミンCは、ビタミンC欠乏によって起こる「壊血病」という病気を予防する物質として発見されたのです。

16~18世紀の大航海時代、船員たちは長期の航海で新鮮な食材を食べることができなくて壊血病で命を落としました。

壊血病というのは、全身の血管がもろくなり歯ぐき・内臓から出血し、
そのまま死にいたる怖い病気です。

バスコ・ダ・ガマによるインド航路発見の際、160人の船員のうち100人
が壊血病で死亡したといわれていますから、もの凄い確率だったのですね。

1747年、イギリスの海軍医だったジェームズ・リンドが、船員に毎日オレンジやレモンなど柑橘類を食べさせることで、壊血病を予防できることを発見しました。

このことから、その後イギリスでは長期航海の際は、各地に立ち
寄り、新鮮な柑橘類を積み込んで、毎日船員にライムジュースやレモンジュースを飲ませ、壊血病の予防に努めたそうです。

こうして柑橘類が壊血病を予防する効果は分かったのですが、その有効成分であるビタミンCについて明らかになったのは、それから約200年も後になります。


その後、1933年にはイギリスの化学者ホーワースによって化学構造が明らかになりました。ビタミンCの化学名はアスコルビン酸といいますが、これは抗壊血病効果を持つ酸、という意味で、抗 (anti-)、壊血病 (scorbutic)、酸 (acid)が語源となって名付けられたそうです。




 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png