ネットワークビジネスとマルチ商法って、同じなの?違うの? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネスとマルチ商法って、同じなの?違うの?

tabi3.jpg 


ネットワークビジネス」「マルチ商法」という呼び名が何故できたのか・・・?

ネットワークビジネス」「マルチ商法」の販売方法はアメリカが発祥です。元々アメリカは訪問販売が盛んだったわけです。

1930年代後半に、あるサプリメント販売会社は、それまでセールスマンが一軒一軒訪ねて商品を売り込む形ではない販売方法をスタートさせました。

それは商品を買った消費者が
セールスマンとなって、商品を販売するという方法をはじめたのです。これが「MLM(マルチレベルマーケティング)」なのです。

日本には1960年代後半に入ってきました。当時日本にはこのような販売方法はなく、呼び名もありませんでした。


マルチ商法のイメージが悪くなった原因!


そこでアメリカでの名称である「「MLM(マルチレベルマーケティング)」を訳して「マルチ商法」と呼ぶようになったと言われています。

日本上陸した当時は単に「アメリカ発祥の今までにない販売システム」というだけでしたが、悪知恵の働く人たちが出現するのです。

いつも思うのですが、詐欺とかはたらく人たちは、見事に人をだましていますよね? あの演技力やエネルギーを、人助けのビジネスになぜ使えないのだろう?

いつも不思議でなりませんが、ともかくも1970年代になると、そのシステムを
勝手に変えて、違法なマルチまがいの違法商法で詐欺を働く会社が横行します。

全国で被害者が続出して社会問題となるのです。世間の人はそれを見ていて、
このあたりから「マルチ商法」=「悪徳商法」という認識をしていくことになります。

被害が拡大したせいもあり法整備が進み、法を順守するMLM主催企業の「マルチ商法」会社は増えていきます。

流通革命を目指すMLM会社は「悪徳」というイメージが付きまとう「マルチ商法」という名称を嫌って、「ネットワークビジネス」という呼び名を生み出したようです。

法律では「連鎖販売取引」という名前で定義付けされていますが、「マルチ商法」「ネットワークビジネス」はそのままで現在に至ってます。

ところが、一部のマルチ業者や従事者たちは「マルチ商法」と「ネットワークビジネス」に区別をつけ
「ウチはマルチじゃない」と言い張るのです。

おそらく、それはマルチ商法自体が悪いイメージの言葉になってしまっているので、
否定しているのでしょうが、MLMはれっきとしたマルチ商法なのです。両者に違いなどはありません。


こういったマルチという言葉が、必ず根強くついてまわるネットワークビジネスの各社は、法を順守して、コンプライアンス(自発的な企業の法令順守)の確立を急いでいるのですね。


イメージの悪さは、貪欲に「カネ」を追求する姿にあるのでは?


私は以前から、ネットワークビジネスという仕組みに興味があり、いろいろな会社のビジネスセミナーに行きました。

そこで行われている大部分は、「こうして私は稼ぎました」「こんな外車を手に入れました」などという豊かなライフスタイルのアピールばかりでした。

確かに誰でも豊かな生活には憧れはあります。でも、誰もがそれだけを追求しているわけではありません。

むしろ長く楽しくビジネスとして、行えるビジネスなのか。この部分が見えない会社には魅力を感じませんでした。

・自分が誇りに思える企業理念やそれに根付いた製品が作られているのか?
・製品で喜んでいる人が、どれだけいるのか?

私はビジネスというのは、多くの人たちに喜んでもらうことが大事で、その価値を提供する私たちに、お金という対価が得られると思っています。

感謝や喜びのないところに、ビジネスの醍醐味はありません。






 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png