ネットワークビジネスにノルマってある?ない? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネスにノルマってある?ない?

3.jpg 


たいていのネットワークビジネス会社は、ディストリビューターがコミッションボーナス
(権利収入)を得る為の条件を設定しています。

の条件とは、各社のボーナスプランなどによって多少違いますが、ディストリビューターがコミッションボーナスを得る為に、毎月一定量の製品購入が条件となっているのが普通です。

ただし、この条件を満たしていても傘下組織の購入(組織売上げ)がなければ、コミッションボーナスを得ることはできないのです。


ネットワークビジネスには、単なる製品を卸値で購入して愛用する消費者として参加するケースと、傘下組織を築いてコミッションボーナスを得るというビジネスを行うディストリビューターとして参加するケースの2通りあるのです。

単に製品を卸値で購入する消費者として参加していた人が、傘下組織を築いてビジネスとして携わるケースもありますし、ビジネスとして参加していた人が単に製品を卸値で購入する消費者になるケースもあります。

ビジネス参加者の場合には、先に述べたように毎月一定量の製品購入が条件となっているのが一般的です。

ですから、毎月一定量の製品購入代金がコミッションボーナス(権利収入)を下回れば、ディストリビューターはその時点では赤字決算となるわけです。

従って、私は権利収入を得る条件としての毎月一定量の製品購入は、このビジネスを行う上の投資であり、「条件」であると考えています。

 
ネットワークビジネスでの条件について、最初に高額な商品の購入やタイトルのランクを上げるための高価なパック、小売のための多量の買い込みなど以外に、毎月の自分か消費する商品購入を「条件」と考えるかどうかです。

私も、最初に資料をざっと読んで、毎月商品を購入することがビジネスの条件となっているのに、資金がほとんどかからないという説明とは違うのでは? そう思いました。


元々ネットワークビジネスというのは、その会社の製品を愛用する人がビジネスとしての可能性もある。そういうところから始まったのに、ビジネスの為に商品を愛用する、という逆のパターンになってしまったことに問題があるのだと思います。

実際、私自身もインターネットを使ってできるビジネスとして、このビジネスに参加したのですから、まさにこの逆パターンなんです。ですから、その会社の製品を購入し続けることをノルマと感じるのでは、ビジネスとして収入がない最初の時期が赤字と感じるわけです。

実際に、その商品を自分で使っていて「損した」と感じるようでしたら、その商品の価格と内容が自分で満足できていないのでしょう。


商品が安いと誰でも簡単に始められますが、値段と商品の価値に納得できる商材を選んで自分が愛用できるものでないと、ネットワークビジネスはできないと、考えてくださいね。

従って、ビジネスとして本気で取り組む方には、まずは商品を愛用できるかどうかお試しください。と私は資料請求者にお伝えしています。



門外不出の極秘ノウハウが、期間限定でついに公開!



関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png