化粧品・医薬品・医薬部外品、驚きの違いの理由が解明! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

化粧品・医薬品・医薬部外品、驚きの違いの理由が解明!

komatta_josei.jpg 


ドラッグストアなどで、よく陳列されてる商品などの成分表記をみてみると、医薬品とか医薬部外品とか、化粧品と書いてあるものが書いてありますよね。

普段はあまり、この3つの種類を明確に意識する人は、なかなかいないと思います。何となくCMとか口コミで良さそうな商品を買っていませんか?

これら3つは種類が違うとわかっていても、実際に
どのように違うのかという説明は難しいですよね。

医薬品とは、病気の治療を目的としていますので、病院や薬剤師のいる薬局でしか扱うことができない製品なのですね。

一方、医薬部外品はどうなのでしょうか?簡単にいえば医薬品と化粧品の中間という商品分類になります。

具体的にはパー
マ液、浴用剤、薬用化粧品などは、薬事法により医薬部外品として表示するように決まっています。

さらに、化粧品というのは美容が目的になりますので、作用が緩やかでなくてはいけません。

薬剤の配合量によっても、種類が変わるそうです。 たとえば
同じ日焼け防止化粧品でも、化粧品の場合と医薬部外品の場合に分かれる場合があります。

でも、これは配合されている主な薬剤の配合率と有効性の違いで分かれているそうです。
化粧品よりも医薬部外品の方が、主成分量も多く有効性も高いといえそうですね。



化粧品に入る商品も成分しだいで医薬部外品に?!


化粧品にあなたはなにを期待しますか。メイク用品などなら、やっぱり綺麗になれることでしょうか。流行の色や質感も欲しいし、基礎化粧品なら自分の肌に合うことが一番ですよね。

その上で、もっとお肌に良いこと、たとえばニキビや肌荒れに効き目が
あったりすると嬉しいのではないでしょうか?

でも、肌トラブルのあるときは化粧品を控えるようにと言われます。メイク用品は分かるのですが、お肌を整えるための基礎化粧品もダメ?

肌トラブルを治すのも、スキンケアのはずではないか?そう思ってしまうのは私だけでしょうか。

そもそも「化粧品」とは一体何なのでしょう。なんのために使い、お肌にどんな働きかけをするものなのか。

そのために、
どのような成分が配合されているのか。1度、きちんとしたことを知っておきたいですよね。
メイクやスキンケアだけでなく、石鹸や歯磨きも実は化粧品に分類されます。実は私たちが普段お店で目にする化粧品は「薬事法」という法律で管理されています。

どんなアイテムが化粧品として販売できるのか、
化粧品に使える成分と使えない成分、製造方法や工場の構造設備、製品の宣伝文句に至るまで、さまざまなことがこの法律で決まっています。

薬事法では、メイクやスキンケア用品、ボディケアやヘアケア用品、香水や石鹸などが「化粧品」とされています。

意外なところでは歯磨きペースト、バスソルトなどは化粧品。ただし、石鹸は「化粧石鹸」
のみが化粧品扱いで、洗濯やキッチンで使う家事用や雑貨扱いの石鹸は化粧品とはみなされません。

「薬用」歯磨きも医薬部外品に分類されるので、
化粧品ではないのですね。同じ品目の中でも入っている成分によって種類が変わるのです。
 
このようなヘルスケア製品でよく流通させているMLM業界でも、多種多様な美容成分を配合された製品が販売されています。

これらの製品を流通させていく量に応じて報酬が受け取れるネットワークビジネスは、自営業や主婦、サラリーマンに人気がありますが、成功させるにはノウハウが必要です。


門外不出の極秘ノウハウが、期間限定でついに公開!




 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png