レチノールは、コラーゲン合成を促進するが反面注意点もあり?! - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

レチノールは、コラーゲン合成を促進するが反面注意点もあり?!


レチノールは、コラーゲン合成を促進する美白効果の高い美容成分
a0001_007983.jpg 


レチノール
は、アンチエイジングや乾燥肌・色素沈着対策に役立つ物質で、一般的にはビタミンAといわれます。

レチノールには、皮膚の細胞分裂を清浄化したり、角質を落とし易くする効果があり、皮脂分泌を抑制する作用があるため、ニキビ対策にもよく用いられています。

また、真皮内でのコラーゲン合成を促進させる作用もあるため、アンチエイジングや美白にも有効な美容成分なのだそうです。

また、逆にレチノールが欠乏してくると、夜盲症・皮膚、粘膜の角化・骨粗鬆症・成長遅滞・生殖機能障害といった体の障害を起こしやすいそうです。

ただし、
通常の食事をしていれば通常、レチノールは肝臓に貯蔵されているので、欠乏症になることはないそうですよ。


市販のレチノールクリームには、ビタミンA誘導体といわれるトレチノイン酸を含有したクリームで、角質層を剥離させ皮膚の基底層に働きかけてコラーゲンの増殖をはかる作用があります。

また皮脂腺の分泌量を抑制する働きももあるため、小じわ・しみだけ
でなく、ニキビ跡の治療と予防にも用いられるそうです。

このトレチノイン酸は、小じわ・しみ・そばかすの治療薬としてアメリカなどで使用されるようになりましたが、残念ながら日本ではまだ認可されておりません(2013年10月現在)。

ただし医師の管理下では製造・処方することが認められているそうですよ。



トレチノイン酸クリームの体験談は?


実際には皮膚科や美容外科で、濃度0.05パーセントから0.5パーセントのトレチノイン酸クリームとして自家調合しているようです。

実際にうちの妻が使ってもらったのですが、0.4パーセントのクリームを、目じりの小じわ、下まぶたのたるみ、
ホウレイ線など、それぞれ1日に1回、夜に塗布してもらいました。

先に保湿クリームを先に塗るといいようです。ただし、
肌が敏感になるので、日焼け止めクリームを塗るなどして、紫外線を避けたほうが良さそうです。

副作用の関係で
妊娠中や妊娠の可能性がある方は使用を控える方が良いそうです。

実際にクリームを付け他場所は、赤くなってきますがスグには皮はむけて来ないそうです。皮がかぶれたようにゴワゴワするそうで、皮がむけてくるのは10日くらいたってからという話だそうですが、個人差はありそう。

使っていくと、目の下のたるみは引き締まってきたようです。小じわにも若干効果はあったそうですが、しみに関しては満足できるだけの効果があったようです。

皮膚科や美容外科で出してくれるレチノールクリームと同様、トレチノイン酸の含有量は0.05%~0.1%のものが手に入ります。

それらの医療機関の約半額、診察料も含めるとそれ以下の費用で入手することができますが、
医師の診察がない分、注意が必要です。

レチノールは塗ってすぐに効き目がでてこないで数日後から皮膚が赤くなって表皮が抜けてくるパターンがほとんどです。

効き目には個人差があることと、私の経験から、部位によっては(特に皮膚の柔らかい部分)効きすぎて皮膚がごわごわすることもあります。

なので、初めは0.05%くらいのものから使うことをおすすめします。早く効果を実感したいからといきなり0.1%のものを使うのは反対です。

もちろん塗る量や頻度も初めは慎重にお願いします。そしてもしお肌に異常を感じたら、皮膚科などの専門医に相談して下さいね。

化粧品は個人差もありますが、合う合わない肌のトラブルが絶えない問題があるものもあるので、薄く使って様子を見る方がよさそうです。





関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png