ネットワークビジネスとねずみ講との違いの決定的な差とは? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネスとねずみ講との違いの決定的な差とは?


money.jpg 

あなたはネットワークビジネスネズミ講との決定的な違いってご存知でしょうか?案外違いなんて分からずに、一緒にしている人たちが多いのだろうと思います。

ネットワークビジネスはビジネスで、ネズミ講は犯罪です。

ネットワークビジネスは、必ず商品やサービスの流通が発生します。一方ネズミ講と呼ばれているのは、正しくは「無限連鎖講」といいます。商品やサービスの流通がまったくないのが特徴で違法なのです。

ネズミ講は、主に高尚な相互扶助の精神をうたい文句に金銭を配当する組織です。実際には助け合いではなく、トップの主宰者だけが吸い上げる仕組みになっているのです。


代表的なのは、1967年に熊本県で「助け合いシステム」「親しき友の会」という触れ込みで始まった活動は、その後「第一相互経済研究所(天下一家の会)」と名称を変更し、全国的に有名になりました。

2年後の1971年には「APOジャパン」が設立され、主婦や大学・高校生まで巻き込んだ悪徳商法を全国規模で展開、のちに主宰者は逮捕されました。

手口は、自分の紹介者たち(親ねずみ)に送金し一番上位の親ねずみの名前を消して、代わりに一番下位に自分の名前を書く。そして自分の子ねずみを作り、その子ねずみにも同じことをさせていく。この繰り返しで利益を得ていくというものです。

当時は現金書留で現金を送金していましたが、束になった現金書留封筒を見せながら「こんなに儲かるんだよ」と子ねずみ候補を煽動していました。実はこれこそが主宰者が巧妙に仕組んだ罠だったわけです。

実際に、目の前に現金を積まれると人間は弱いものです。理性をなくした人達が血眼になり、子ねずみ探しに奔走しました。その結果、さらに悲惨な状況になりました・・・。

多くの人々が知らず知らずのうちに被害者となり、同時に加害者にもなってしまったのです。国もこの事態を重くとらえ、これを契機に1978年に「無限連鎖講の防止に関する法律」が制定されました。

これによって、ネズミ講は法的に禁止されることになりました。今でもごく一部では同様の仕組みが出回っているようですが、ネズミ講は参加して勧誘するだけで罰せられる違法行為となります。



健全なMLMビジネスには会社に目的と理念が存在!


口コミというコミュニケーション手法は、ネットワークビジネスと同じですが、企業の目的や理念が全く違います。 

ネズミ講は、最初からいかに騙して金を手に入れるかしか考えていない胴元が、ビジネスを模して行う詐欺行為なのです。

ビジネスのシステムを明確に理解し、その会社がきちんとしたビジネスを何年行っているのかをご自分で調べてみてください。

10年以上健全にビジネス活動を行っている会社ならば、まず信頼しても大丈夫でしょう。

あとは、その会社のビジネスシステムが自分に合うかどうか。 ですから、ネズミ講とネットワークビジネスとは全く次元の違う異質なものなのだと理解してください。

そして、自分や自分の周りの人を、このビジネスを模した悪質な違法行為から守るようにしてください。

今後、MLMがまともなビジネスだと認知してもらうには、強引な勧誘、強引な電話をかけてくるようなメンバーを排除し、友人や知人に勧誘され、断りきれなくて嫌な思いをしている人が出ないようにしていかなければ市民権は得られません。

私たちはすでに嫌われないMLMの構築に向け、10年前からビジネスを立ち上げて、継続してビジネス活動を行っているのです。

結果の出るノウハウと、きめこまかいアドバイスで成功者を輩出し続けている集客方法が秀逸なので、成果も右肩上がりです。



門外不出の極秘ノウハウを期間限定で公開!




 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png