ネットワークビジネスの確定申告のやり方はどうする? - 完全在宅MLMで不労所得を獲得!中高年から成功できる秘策!

ネットワークビジネスの確定申告のやり方はどうする?

work1.jpg 


まず、確定申告って何だって思いませんか? なぜこのような確定申告が必要なのか?

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日)の「所得」と、それに見合う「所得税額」を計算して、
そこから算出された税額をおさめる手続きのことです。

納税は、日本国民の義務となっております^^;

サラリーマンの方は、会社の給料から月々税金が天引きされていて、万一払い過ぎている場合、「年末調整」として計算されて払い過ぎた分が戻ってきます。

一方、私のような自営業や、ネットワークビジネスに携わっているディストリビューターの方々は、個人事業主になるために納める税額、戻される税額を自分で計算して申告する必要があります。これが確定申告なんです。

あなたが頂くコミッションは、外資系の会社を除き、基本的に10%の源泉所得税がひかれて振り込まれていると思います。

でも、
これは暫定的に所得税がひかれているだけで、1年間のトータルの所得から計算すると、所得税を多く払い過ぎている場合があります。

経費がかかりすぎて、実質的には赤字である場合なども所得税を払い過ぎていることになると思われます。

そのため、確定申告で1年間で得た収入に対する正しい所得税額を計算し、払いすぎた分はしっかり返還してもらうことも必要です。これも国民の権利ですからね。^^ 

MLMお悩みならこちら↓
form.gif 


どんな人が確定申告の対象になるの?


確定申告をする必要がある方は、ネットワークビジネスを専業で取り組まれていて、所得(収入-経費)が1年間に38万円以上あって、コミッションから源泉所得税を差し引かれていない人。

副業でネットワークビジネスに取り組まれていて、ネットワークビジネスでの所得が1年間に20万円以上の人。

どちらでも良いが、出来れば確定申告をした方がいい方は、コミッションから源泉所得税が差し引かれている人。

1年間の所得をトータルすると、経費が計算されていないため、源泉所得税を払い過ぎている場合があり、お金が戻ってくる可能性があります。

逆に確定申告の必要がない方は、ネットワークビジネスに取り組まれてても収入がなかった人。所得が1年間に38万円未満で、家族の扶養に入っている方は必要がありません。

それ以外の方は毎年確定申告を行いましょう。 年々税務署も税金逃れには厳しい対応を取っていますから、追徴課税が来ないように申告しましょう。


 
関連記事


【期間限定】本当に自宅で不労所得を獲得し続ける情報!
今すぐクリック!!

           ↓   ↓   ↓


好きなことして、リッチにすごすオンライン在宅起業方法!


あなたの依頼したい仕事、やりたい仕事が見つかるサイト!


ネットで稼ごうとしても毎月安定収入にならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png